牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

かんぴんたん

 かんぴんたん
 私はずっと、これを日本語だと思って生きてきた。否、正確には日本語だ。
 三重県の方言である。
 「かんぴんたん」
 「〇〇×が、かんぴんたん になってるねー」
 みたいに使う言葉だ。
 この三重県の松阪育ちの私の思い出にある
 カンピンタン
 と言えば、矢雲神社の境内で遊んでいて、カエルの子供が大量に干からびて死んでいているのを見ては
 「カエルがかんぴんたんになっているー」
 と言っては、ビックリしていたものだ。カエルもカエルで何を考えて、あの神社の石畳の高熱になっている上を渡ろうとしたのだろうか・・・。
 だが、この
 かんぴんたん
 という方言は三重県以外の地方では知られていないらしくて、三重県人が
 「かんぴんたんになっている」←[干からびている」
 と言うと 
 「それ、何言ってんの???」
 と問われる始末になってしまう。
 つい今日の今日まで、
 かんぴんたん 
 が三重県の方言である事を師らなかったんだむー!!!
by qpqp1999 | 2016-05-06 19:04 | 歴史