牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

Prince

Prince亡くなった。死因はまだ不明だ。
 Princeという天才は私の人生を狂わしてくれた。まさしく
「レッツゴークレイジー!!!」
 だが、Princeという人は敬虔なキリスト教徒で、このレッツゴークレイジーも讃美歌になっている事は意外に知られていない。この曲は主によって与えられる永遠の来世を唄ったものだ。
 「彼が来る」「彼が来る」
 そうだ、主イエス・キリストの終末論を唄っている。
 後にラリーグラハムをベイスに向かえて、1999年記念レイヴを行った。そうだ、出世曲の
「1999」
 にあやかって、レイヴを行った。←Princeはライヴとは言わずにレイヴと生前言っていた。
 その時にPrinceの代表曲になってしまった←私は代表曲だと思っていない。 
「パープルレイン」
 を讃美歌にしてしまって、イエス・キリストを歌詞に盛り込んでアレンジしたものだ。
 その後もずっとアルバムを出し続け、精力的にレイヴを行っていた。
 私の夢の一つが、いつかお金持ちになったらファーストクラスでアメリカのミネアポリスまで行って、ペイずりーパークと呼ばれるPrinceのお城で開かれるシークレットレイヴに参加する事だった。
 しかし、それも今日で終わりになってしまった。残念だ。
 私はギター弾く。もちろんPrinceの真似をする!!!画像がそれです。
b0130652_1991897.jpg

 映画「パープルレイン」以降、Princeの記号のギターを持つまで、ずっと使いつづけていた
「クラウドギター」
 私は画像のように二台持っている。一台はシングルコイルのをダンカンのハンバッカーに改造してある。
 Princeみたいに真ん中に芯の通ったテレキャスが欲しかったのだが、高くて手が出ないので、普通のテレキャスターで我慢しているが、これもシングルコイルをダンカンのハンバッカーに改造してある。
 貧しくたって、ただては起きないんだむー!!!
最近、次々と偉大なアーティストが亡くなっていく中で、私はPrinceだけは長生きして、これからも、たくさんのアルバムを出してくれて、来日レイヴもしてくれて、私を虜にしてくれるものだと信じていただけに、今朝のネットのニュースには愕然とした。
 しかし、膨大なブートレグと共にPrinceは他のどのようなアーティストよりもたくさんの作品をわずか57歳という若さで残してくれた。きっと、ペイずりーパークのスタジオには、録音してある音源が今でも山ほどあるはずだ。
 私はそれらの音源が発売される事を祈っている。Princeが天国に行くのは当たり前だ、あんなに馬鹿みたいに直球ストレートなクリスチャンアーティストも少ない。
 まだ牧師になった一年目、京都のコアなレコード屋さんで、Princeのブートレグを探していたのが、つい、こないだみたいだ。
 ご冥福をお祈りします。
[PR]
by qpqp1999 | 2016-04-22 19:17 | 音楽