牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

三井家発祥の地

 財閥が戦中戦前の大日本帝国を牛耳っていたのは皆がしっている通りだ。歴史の教科書の近代史では
「太平洋戦争」
 で大日本帝国が負けて、財閥が解体されたくらいにしか、書いてないが、その後、財閥はどうなったのか、さっぱり書かれていない。教科書もなるほど検閲を受けていたのだ。はっきり言おう
[経団連]
ですよ。財閥は「太平洋戦争」で武器弾薬を一杯作ってものすごく儲かった。もちろん財閥の家の息子さんたちには
「赤紙」召集令状は届かなかった。届けないようにしていた!!!
そして戦後も今も[経団連」として力を見せて安保法とか作らせていたのだ!!!
こんな話をすると、にわかに心穏やかではないのだが、この財閥の一つに
[三井家」
 というのがある。この三井家発祥の地が私の住む松阪の西町なのだった。参宮街道沿いにある屋敷は今でも観光客が写真撮りにくるし、江戸時代からの建物は鉄柵で保護されている。
 そんな本家のすぐそばの元信用金庫が廃業して、そのビルがある日松阪の魚町から無くなった。しばらくして、空き地になった。そして、松阪の人には人知れず、ある噂が広がったんだむー。
 [三井家の威信にかけて、デパートに飾ってあるライオン像と同じのが松阪に三井家を記念してやってくるのだ」

 果たして、その空き地は
「公園を作っています」
 と看板たてられて大規模な工事が始まった。ある人は
「あれは喫茶店を作っているのだ」
 と言い、ある人は
「あそこにはライオンが来るのだ」
 と言った。
 はたして両者とも正解だった。先日、そこを通ったら、幻でも観たかと思ったが、ブルーシートに半分覆われたライオン像が工事現場に到着していたんだむー!!!
b0130652_1957460.jpg

下半身???しか見えないがライオンが座っているブロンズ像だ!!!ついに来た!!!
やがて一日もしないうちに全身が覆われて見えなくなってしまった。
b0130652_19582025.jpg

下だけ観れていたのが懐かしい↓とてもミステリアスな気分になったものだ。
b0130652_19583952.jpg

 という訳で、財閥は戦争を利用して大儲けして、デパートとか作って、そこに誇らしげにライオン像作ったかと思えば、自分の家の息子は戦地に行かなくてもいいようにして、他の人の息子さんたちを戦場に送って殺して、更に儲けた。
 それだけでは飽き足らずに、今更2016年になっても
威張りたいらしくて
 魚町の一角に公園をつくり、そこに東京のデパートにあるのと同じ形のライオン像を設置して、それは立派な日本流の建物を建てて、公園にするんだそうだ。そこでは、訪れた人々がお茶を呑める喫茶店みたいなのもはじめるという。
 きっとこの冬の初午大祭までには間に合わせるのだろう。私も精々行って、そのライオン像を預言していたデイサービスのマッサージの先生と一緒にお茶を呑みに行く予定なんだむー!!!
[PR]
by qpqp1999 | 2016-01-08 20:06 | 歴史