牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

かぐや姫の物語

 ジブリの最新作「かぐや姫の物語」を観たむー。「竹取物語」は日本最古の文学として実は有名だ。内容も私くらいの年齢で日本で生きてきた人だったら知っていると思う。細かいところまで突き詰めると、けっこう複雑な話だけれども、基本皆さんご存じの通りの物語。
 それを135分で演るという・・・。もちろん、スマーティーに入りながら観る。果たして、退屈せずにこの、日本中のみーんなが知っている物語を、この家庭用サウナの中で135分間観ることができるのか!?!?!?
結果から言います。観ました・・・135分・・・。2キロ痩せました・・・。特に脱水症状とかは起こりませんでした。何より、もう終わってしまうのかというくらい、あっと言う間の135分でした。
 内容はルーツをとても大事にした作りになっていました。それだけに展開とか全部知っているわけで、それを延々とされるわけなんですが、
 何故か、飽きない・・・なんで!?!?!?ラストは嗚咽をこらえるのが難しいほどの展開でした。←普通に竹取物語なのに・・・!!!
 やっぱり「アルプスの少女ハイジ」を原作以上に描き上げた高畑監督の手腕の凄さを改めて、実感したそういう作品でした。ネタばれも何もありません。
 ほ・ん・とーに「竹取物語」です。ふつーーーに「かぐや姫の物語」です。その真の凄さ、日本最古の物語を現代最新技術のアニメーションで描き出されていることにも感動した原因があると思いマンモス。

 
by qpqp1999 | 2015-01-04 17:43 | 歴史