牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

山崎家の一族

 私の母の旧姓は山崎だ。祖父は養子婿入りで旧姓は熊城だ。そこで、母方の山崎家の数少ない子孫の一人が亡くなった。そこで、私の両親は葬式に横浜まで行く。そのまま、東京都在住の信徒さんにも会いに行く。なので、私は二日間を教会の運営するデイサービスの親方になって努めなければならなくなったんだむー。
 山崎という名には由来がある。
日本の戦国時代に敏感な人なら、すぐに解ると思うが、そうだあの、織田信長を討った明智光秀VS橋場秀吉の戦いが山崎という場所で起こって山崎の合戦と言われている。実は、私の祖母方の先祖は明智光秀の傘下の侍で、山崎の合戦でポロ負けしてから、武士の世界に愛想尽かして、侍を辞めて、農民になったんだそうだ。
 そのルーツの家系図まである。農民のくせにデカイ屋敷に住んで、フェンスでそれを覆い、デカイ門構えにしてあったそうだ。その付近では珍しいたたずまいだ。それで、山崎の合戦にちなんで、
山崎
と名乗るようになったんだそうだ。そんな負け戦、しかも惨敗の合戦を名字にすえるとは・・・。尤も、織田信長でさえ、あのような惨敗ぶりだったから、その点では似たもの同士だろうか。
 ちなみに一節では、本能寺を寄宿舎としていた信長は、万が一に備えて、地下からの避難トンネルを造っていたそうだ。しかし、さすがは黒田孝高・・・そのトンネルを先回りして潰しておいたらしい。つまり信長暗殺は明智光秀の単独の暴走ではなく、信長家臣たちの謀略だった←全員グルだった説 も今も尚つよくある。
 また、秀吉と黒田の謀略だったら、それは、それでたいしたものだ。かくして、私の祖先は侍を辞めて農民になったんだそうだ。多分、謀略の末に裏切られて、みじめな死に方をした、明智光秀だから、家臣たちは、尚のこと、戦国時代の仁義なき戦いにうんざりしたんだと思う。
 だったら、一層の事、農民になってまえ、ということで、私の祖母方の祖先は侍を辞めて農民になったんだむー。
by qpqp1999 | 2014-09-07 19:28 | キリスト教