人気ブログランキング |

牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

時代は動く

 地球の人類はネット端末を操るようになって、物凄く変わった。その変化に遅れに遅れていたのが、日本の社会福祉の分野だ。
 たとえば、私の遣わされている教会がデイサービスセンターの事業を
「デイサービスセンター新生ルーテル」
として始めたのが数年前。
 絶句したのは、このような介護保険使うサービスの場合、「国保」に請求してお金をもらう仕組みになっていて、ご利用者の負担をできるだけ少なくするようになっているのだが、この「国保」に対する請求はもっぱらISDN回線によってのみ利用されていて、インターネット経由ではなかったことだ。
 そして、実際請求してみれば解るが、手描きですると物凄い面倒くさい手続きや計算とかしなければならない。そこで、そういう事業を相手に濡れてにアワで儲けてきたのが、この請求処理ソフトだった。私はフォトショップのパッケージ版を買った最後の人の一人なのですが、この高額な二十万円くらいするソフトウェアより、介護保険請求ソフトの方がはるかに高いんですよ!!!
 コピー機が一台買えるくらい高い。それをリースする形でやっていた。私の教会のデイサービスセンターは10名様限定なので、手で書いても慣れればたいしたことなかったので、コストの事を考えて、そのバカ高い介護保険請求ソフト、しかもISDNって・・・、ぜえったい使わないしと、この数年間やってきた。
 そしたら
今日、三重県中の事業所が集められ講習会があったので、行ってきた。既に、行く前に平成30年でISDN回線から「国保」は撤退すると言ってきていて、そのかわりにインターネット経由で請求してくれと言うものだそうだ。それでもやはり、請求にはソフトウェアが必要だと言う。例外的に申請すれば、手描きもOK出るらしいのだが、そのハードルが凄く高くなっていて、到底無理だ。
 そのかわり、請求するためのソフトが劇的に安くなった!!!3万円・・・・
この劇的になった部分聴いて、
 はああ!?"!?"?"?
と思った
研修はたったの50分で終わったがその内容の9割が「国保」でいわゆるアカウントみたいなのをとって、パスワードもらう経緯についての説明だった。例の3万円のソフトの話しは無い!!!私は研修会が終わるや否や、さっきまで、冊子を棒読みしていた係のお兄さんに、
 「この請求ソフト3万円って、これで請求できるんですか???」
と訊いたら、
 「はい出来ます、あなたの事業所の遣っておられる請求ソフトがインターネットで出来るのであれば、それも継続してお使いできます」
と言うので
 「いえ、私の事業所は手描きでしているので」
といいかけたら、奥の方から偉いらしい女性が飛んできて
 「だったら、是非この機会にこのソフトにしてください、3万円だけです。請求ソフトみたいに毎月料金とられません、ただ、3年に一回法整備が変わるのでその時だけバージョンアップしていただくだけです!!」
 と凄い鼻いきで言う。
こりゃあ、今まで、下々の事業所からたっかいお金絞りあげてきた、請求ソフトの会社、あちこちで倒産するぞーと思った。いや、まじで、本当に危機ですよ、そういう類いの会社・・・。もう、税金みたいにしてお金取れなくなるんです。
 なんだか、ずっと手描きでやってきて、その高額なソフトを指くわえて見ているだけだったのが、きれいさっぱり晴らされた気分で津からの帰り、松阪にブルーズモービルで帰ってきた。
 その時歴史は動いたってこういうのを言うんだろうなあ
by qpqp1999 | 2014-07-29 18:58 | キリスト教