人気ブログランキング |

牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

土田世紀

 弟のブログを久しぶりにチェックしたら、漫画家の土田世紀さんが4月の末に亡くなっていることがわかった。
 量産を始めてからの土田世紀さんの作品はあまり好きではなかった。いかにもアシスタントが描いた絵だったし、ロングショットを多様する様式をやめてしまっていたからだ。それでも講談社のアフタヌーンの「永ちゃん」まではむさぼるように読んでいたものだ。もちろんデビュー作の「未成年」これも講談社のアフタヌーン。はその素晴らしさに圧倒された。圧倒的な面白さ、それを裏付ける画力。しかも年齢が当時、神学生だった私より五つも年下だ。これは天才だと思った。
 私の漫画もこの土田世紀さんの初期の作品に相当影響うけている。とくに、背景に関して、白黒のコントラストをきかせた、どうかすると写真をコピー機でコピーして貼り付けたのではないかという背景。実際、彼はそういうテクニックも使っていた。
 「高」は講談社のモーニングで連載だった。凄かった。くしくも五年後に私は講談社の「ちばてつや賞」で準大賞をいただいて漫画家としてデビューした。なんていうか天才的な人ほど早く亡くなってしまう気がする。ジミヘンドリックスしかり、アーリアしかりこの人たちはミュージシャンだけど。ホイットニーヒューストンやマイケルジャクソンもそうだ。天才は早く亡くなってしまう運命にあるのか。
 しかし、それは迷信だB.Bキングはまだ現役ブルーズギタリストだし、プリンスだって長生きしそうだ。漫画家で最高齢者はおそらく「アンパンマン」のやなせたかしさんだろう。この人はミュージシャンでもある。「手のひらを太陽に」の作詞者が「アンパンマン」の作者と同じだと、どれだけの人が知っているだろうか。その次に高齢漫画家として水木しげるさんがいる、この人も現役、その次くらいに松本零士さんがいる。バリバリの現役だ。
 じゃ、私は?と聞かれたら、あまり長生きはしたくないというのが本音だ。そういう人間に限って、長生きしてましうんだろうな。もし長生きできるんなら、「イエス伝」はもちろん「使徒伝」とか「パウロ伝」くらいまで描きたいものだ。
by qpqp1999 | 2012-05-17 19:05 | 漫画