牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

<   2016年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

インドカレー

 インドカレー
 カレーといったらインドのメニューだろう何で、インドカレーなんていわなきゃいけないか???
 それは日本国においてカレーライスという日本独自のブランドが出来たからんだむー!!!
 元祖のカレーと日本のカレーライスとでは全然違うワケですよ。福神漬けなんて元々のカレーには向いてないしそもそもカレーライスになったとたんにお米の役割が凄く増してくるんです。
 そんな数年前、私はとある芸能プロダクションに所属していて←今は夜逃げして無い!!! そこで、大ホールで若いタレント志望の人々による演劇があって、その序章を私が漫画で描くという企画があったんだむー。
 私は名古屋でのホールの上演に行って、友達←女子と共に行って、講演が終わってから、
「漫画を描かれた松本太郎先生がおいでです」
 というアナウンスに応えて、席上から立って手をふって、拍手をいただいたものだ。その帰りの名古屋から松阪に付いて夜ごはんまだ食べてないよねー。ということで、前から気になっていた
 インドカレー
のお店にその女子と行くことになったんだむー。タクシーを降りてついたのが8時半くらいだったろうか。店は看板も店内も真っ暗だ!!!
 しまった休みの日に来てしまった!!!日曜は定休日だったか!!!
 と焦ったが、店内に人気がする。そこで、どあを開けると。見るからにインドの国の人みたいな人が出て来て、かたことの日本語で
 「イラシャイマセー」
 とか言うし、そのとたんに店内は電気がついて看板も電飾に明かりが点った。そして、エアコンが作動して、インドの音楽が流れだした。
 ↑どこまで節訳してんねん・・・。こんな、では閉店していると思って日本人は食べに行かないよと思いながらナンとポークカレーを頼む。私は玉ねぎ嫌いなので
 「玉ねぎ入ってませんか?」
 ときいたら、そのインドの人は
 「タマネギ ハイって ナイ ハ カレージャナイネ」
 といって打ち切られてしまったが、いざ出てくるとタマネギなんて完全に溶けてしまっていて、私でも美味しく食べることができた。その店は牧師館から徒歩10分の所にあったので、私は気に行ってはしばしば通うことになった。
 ある土曜日の夜に説教も出来あがったし、週報も刷り終えた、さあ、ナンとカレーを食べに行こう、その時一緒にビールも呑もうと思って勢いよく歩いていった。
 いつもの通りで看板の電飾はついてないし、店内は真っ暗だ。だけど、そんなのはいつもの事だ、さあ店に入ろうとおもったら。
 店閉まっていたんだむー!!!
 あんなに興行的にどうかと思うような節訳するから潰れてしまうんだむー。おかげで、松阪ではインドカレー食べられるのは一軒だけ、それも自動車で20分は走らせなければならない所にある、何よりも嫌なのは、玉ねぎが溶けていなくてまだ形をとどめる程度にしか煮込んでいないところだったむー。
 週一で通いますから、あのタマネギが完全に溶けるまで煮込んでくれて、牧師館からとほ10分のところにインド料理のお店がまた再開される事を願っているむー!!!
[PR]
by qpqp1999 | 2016-10-31 18:50 | グルメ

宗教改革記念日

 私はルター派の牧師の家に産まれましたから、生後数週間以内に、幼児洗礼おば受けて、ルター派の信徒となったわけです。
 今日は宗教改革記念礼拝でした。実際に宗教改革が行われたのが10月31日だったのですが、その前の週の主日に宗教改革記念日は行われたのでした。
 実を言うと、宗教改革記念礼拝よりも私の頭を巡っていたのは10月30日は私の母親の誕生日だったんだむー!!!
というこでした。
 近くのイタリア料理店に行って、母親と宗教改革記念をお祝いしたのでした。画像がそれですむー。
b0130652_17231945.jpg

 もう十年もしたらこんな記念日は喜んで行えなくなることを思って、真剣にお祝いばしたんだむー。
 そしたらウェイトレスの女性がこの世のものだとは思えないほどカワイかったので。私は
「超カワイイですね」
 と言ってしまった。私は無性愛者なので、そのウエイトレスの人と恋仲になろうとか、結婚しようとかいささかも思っていないだけに大胆に言ってしまった。
 それでも可愛い者はカワイイ。
 この誕生会のお金は私が払うのですが、会計に立ったのもそのウェイトレス様でした。私は感動して。
またも「貴女、超カワイイですね」
 と言うと、そのウェイトレスさんはなかばほっぺを真っ赤にしながら
「ありがとうございます」
 と返してくれたんだむー。いやあ、いいですねー。これくらいの関係、距離感が私にしてみれば一番適当だ。それにしても父、母、93歳83歳って奇跡的じゃないですか???私の父方の祖母は102歳まで生きましたけれども・・・。
 むー!!!
[PR]
by qpqp1999 | 2016-10-30 17:34 | キリスト教
 喉はからからだわ、マイクは壊れてしまっているわで、随分と焦ったむー。

[PR]
by qpqp1999 | 2016-10-30 15:38 | キリスト教
聖霊降臨後第24主日礼拝説教
ルカ福音書19章1~10節
徴税人ザアカイの物語だ。
これは教会学校、子供たちのための礼拝ではよく取り上げれて、ウケていたものだ。
この物語で大事なのは、徴税人として差別されている人がどのような思いでイエス・キリストの行列を観たいと思ったかである。
ルカ書を読む限り、ザアカイが
「憐れんでほしい」
とか言う描写はない。どうかすると、興味本位で、今、話題になっているイエスという人を観たいというような描写の方が際立っている。
「そこにザアカイという人がいた。この人は徴税人の頭で金持ちであった。イエスがどんな人か観ようとしたが群衆に遮られて観ることができなかった。それでイエスを観るために走って先回りし、いちぢく桑の木にのぼった。そこを通り過ごされようとしていたからである。」
そもそも徴税人は酷く差別されていた。既にヘロデ大王亡き後では国ではなくローマ帝国の属州になってしまっていた。現代でも税金というのは酷いものだが、当時はもっと酷かったと言われている。
映画「マリア」みたいにローマ軍が湯やって来て、徴収するなら、実はまだ話しがわかるのだ。時代考証するなら、そんな事したら、徴税に対する反対の暴動が起こりかねなかった。そこで、ローマ帝国は同じユダヤ人を雇って徴税の任にあたらせた。
租税は入札制だった。この時点でもうおかしな事になっているが、実際、ユダヤ人の徴税人たちは、入札を行って、それに勝利した人が徴税権を得るというものだった。
そこで、その徴税金を治めさせればいいかというと、そうではなかった。その税金に自分の好きなだけ加えて徴税することができた。尤も徴税できたらの話だが。
そういうシステムはユダヤ人たちには解っていたので、それは嫌われていたのだった。
しかしザアカイはイエス・キリストを見たくていちぢく桑の木にのぼった。
「憐れんで下さい」
とかそういう気分ではなくて、今、話題になっているあの青年を観たいという事が、このルカ書の描写で良く解る。
行間を読むということなど、もっての他で、
私はギリシャ語原典に誠実でありたいと思っている一人だ。
 ただ一点言える事は、ザアカイは徴税人の頭であり金持ちだったという事だ。
 このスタンスはイエス・キリストの福音と真っ向から衝突する。ここで、意外な展開をルカ書は描く。
 「そこを通り過ぎようとしていたからである。」
 この一節とても大事だ、
 「通り過ぎる」
というのは神の顕現として古代イスラエルの時代から、認識されていたことであるからだ。
 それだけにイエス・キリストが通り過ぎられようとした事には意味がある。
 ところが行列は止まる。
 「イエスはその場所に来ると上を向いて言われた。
『ザアカイ、急いで下りてきなさい今日は是非あなたのところに泊りたい』」
 記者ルカはこの
 「急いで」
 という表現がお好みらしい。
 「ザアカイは急いで下りて来て、喜んで、イエスを向かえた」
 実は日本のキリスト教社会では
 ザアカイ
 というと、あの徴税人で金持ちが悔い改めた人だと広く認識されている。だが、そのように認識するならば、それくらいの事は知っておくべきことがある。
それは
 ザアカイ
 という名はΖακχαῖος,ザカイオスで、その名前の由来が、
 「義人」
 「良き人をあらわす」
 である。
 その名前の正反対を向いて、サバイバルすることを余議無くされていた人の名前だ。つまり、ルカが上手い事、この物語をし上げたのである。義人、良き人という名の人が人々から差別されている現状を語っている。
 ルカ書の基本的な姿勢は反金持ちである。ルカがよほど貧乏で困ったか、あるいは金持ちだったけど、こんなの良くないと考えたのかはさだかではないけれども、はっきりしているのはギリシャ語でマモーナスという富とか金持ちを闇、罪の勢力としてみなしている点だ。
 そういう都合で、ザアカイは
「主よ私の財産の半分を貧しい人に施します。また、誰かからだまし取っていたらそれを四倍にして返します」
 財産の半分というところがザアカイらしいし、誰かから騙し盗っていたというのもザアカイらしい。 
 しかし、イエス・キリストにあっては、その名は義であり良いのである。
 他の人々からは顰蹙を買うような場面なのだが、それこそがイエス・キリストにおける救いであり、解放なのだ。
 徴税人に限らず、現代でも、あってはならない差別が横行している。
 そういう差別されている底辺の人に接近するのがイエス・キリストではなかったかという事を今日のルカ書では描かれているのである。
[PR]
by qpqp1999 | 2016-10-29 22:02 | キリスト教

印税

 印税!!!
 実は私にも入る!!!
 今日は月末色々な借金とかちゃんと払われているかと確認するために、貯金通帳の記帳ばしたんだむー。果たして、全て支払われていた。しかし、その陰には私の
 「ストレイキャット」
 と
 「ノブナガール」
 の印税が大きく股を踏んでいた。
 「ストレイキャット」
 は電子書籍でスマホでも読めます。
 「ノブナガール」
 もキンドルでは健在です。
 なんで私の公式HPを改変しないままでいるかというと、
 そもそも私の公式HP作ったのがアドビのイメージレディで作ったのであって、今現在のところ。アドビではこの商品のサポートはしていないということがあげられる。
 なので
 「ノブナガール コミックラウドで連載中」
 というのを
 「ストレイキャット」漫画王国で配信中に
変えようとおもっても、アドビのドリームウィーバー使いこなせないとできないからなんだむー!!!
 仕方ない・・・。このままでいこう。このままでいこうといくまいと印税は入る。漫画家になってよかったと思う一場面がこの一点につきる。
 なにしろ働かないでも。お金が入ってくるのだ!!!←お小遣い程度ですが。
 がんばろう!!!新しい漫画を描こう。応援して下さっている皆様、ちょっと待って下さい。がんばって
描きまするー!!!!
[PR]
by qpqp1999 | 2016-10-28 20:27 | 漫画

PPAP

 PPAP
 このフレーズを知らない人は時代遅れな人だと揶揄されそうなほど、世の中でで回ってヒットしている。東京 ↑Pen-pineapple-Apple-pen
のスカイツリーではこのPPAPカフェバーがオープンして、PPAPになぞらえたメニューが満載だそうだ。私が東京都に住んでいたら、絶対に行っていただろう。
 この二週間くらいの間でまたたくまに、世界規模でヒットすることになったこのPPAPそれはキャラグッズも販売するわけですよ。Tシャツ。キーホルダー、この機に乗じて一儲けしようとする人が後を絶たない。
 しかし預言しよう。
 PPAPはこれで終わってしまう。ブームが過ぎたらもみ殻のようになってしまうだろう。尤も私はこのピコ太郎さんを応援する一人ではあるが現状は厳しい。
 なんで、このPPAPがこんなに世界規模でウケたかということを考えればすぐわかる。そのキャッチーな歌詞だ!!!
 Pen-pineapple-Apple-pen
 って、これだけで、英語が解る国に限らず、言語を使う人はこの韻の踏み方に圧倒されて、笑ってしまうのだ。しかも林檎に突き刺したペンとペンが突き刺さったパイナップル
 ↑誰が喰うんですか!?!?!そんなもの!?!?!?
 今回、世界中にウケているのは、この語呂の著ヴ絶さ、発音の面白さにかかっているのです。ですから、次の二曲目は難しい。これを上回る歌詞はなかなか出てこないと思うんだむー。
 しかも、もう一つ、この動画がヒットした理由がある。それはピコ太郎さんが全くの無名だったということです。←本当は古坂大魔王として売れないながらも頑張ってきたアーティストの一人です。だが、今回、一発当ててしまったので、次は無いと思うんだむー。
 こういうのを一発屋と揶揄されるけれども
 私は評価したいと思う、少なくとも世界一動画再生回数を記録した、←ジャスティんがなんとかかんとかは別にして・・・
 人はこの地球に今のところいないという事なんだむー。
 何より楽しみなのが、この動画を元ネタにして次々と素晴らしいリミックス音源が発信されていることだ。私なんかに言わせれば、リミックスバージョンの方が良くて、いずれ無くなりそうなので保存かけているほどだ。
 それにしてもピコ太郎さん・・・武運長久むー!!!!
[PR]
by qpqp1999 | 2016-10-27 17:50 | キリスト教

歴史

 なんだって大河ドラマはあんなに面白いのに、教科書の歴史はあんなに面白くないんだむー!?!?!?
 と、言いながら、実は歴史の教科書面白い。嘘だと思ったらウィキペディアで調べるといいんだむー。結局、歴史というのは西暦、紀元前の何年にどこで、何が起こってどうなったかを語っているものなんだむー。
 どれだけ面白くしなくても、何年にどこで、何が起こってどうなったかを追うだけで、大規模な大河ドラマを観ているような気持になる。それが歴史の良いところだむー。
 私の卒業論文は歴史神学だった。担当して下さったのは徳善義和先生だった。それはたくさんの資料を徳善先生ルートからでしか手に入らないような資料をたくさんいただいた。
 それで、私は神学校の卒業論文を書いたんだむー。←正確にはワープロで←ルター研究所のもの で打っていたんだむー。
 与えられる情報は教科書の歴史の物語だけですが、そこに想像力というものを働かせるか否かで、歴史の勉強というものは変わって来る。私の同級生の神学生はその、ちっとも面白くないように思える教科書を読んでは、すごく楽しんでよんで、ノートにまとめて、私や他の同級生と共有してくれたものだ。
 ↑彼は心底、歴史というものの面白さに目覚めていた。まだ、私は卒業論文書くまで、そんなに面白いとは思っていなかったんだむー。
 だが、一旦、その資料を読んでしまったら、そりゃあ、歴史というものは面白いわけですよ。またいつか、改めて書きますが。宗教改革なんて、皆が思っているより、より庶民的な所での動きが無ければ、成功しなかったということもあるんだむー。
 来年は宗教改革500周年、色々と楽しいイベントや学びの時があるだろう。とりあえず、来年のルター派の教会手帳を確保しなけれぱむー。。。
[PR]
by qpqp1999 | 2016-10-26 17:30 | 歴史

iPhone

 九月上旬に予約したiPone7+まだ届かない
 全然届かない。
 ソフトバンクの店員さんに効くと、
 「全く入荷の予定がたってかおりませんで、来年になるかもしれません」
 ってふざけんぢゃねー!!!ただぢゃないんだからなー!!!
 そうでなくとも私のiPhoneは4のままなので、最新のiOs使えないから
 「ポケモンGO」すらできないんだむー!!!
 「戦艦帝国」
 もやりたいと願っているのにOsが古すぎるので出来ないんだむー。
 これからの世の中、OSのバージョンとかワイファイに変わる新しい通信機能とかで随分と変わることになるだろう。その頃に高齢者になっている私たちははたして
 ついて行けるのだろうか・・・。
 そうでなくとも、昔はただのガラケーに分厚い辞書みたいな取り扱い説明書がついてきたが、最近のスマートフォンにはスタートアップ以外何も付いてこない!!!
 こんなんでやっていけるのかむー!?!?!?!?
[PR]
by qpqp1999 | 2016-10-25 18:34 | インターネット

ツタヤ

 昨年のアマゾンプライムビデオの公開で、それまで毎週のようにビデオレンタル屋さんのツタヤに通っていたのに行かなくなった。だって自宅で好きな映画、無料で観れるんだもん。
 そんな昨今、ひっさしぶりでツタヤに行って、最新作をいくつか観てみまんたむー
 やっぱり一番私の好みにあうのが
「デッドプール」

 でした。これ本来3D上映されていたものが松阪は明和町の109シネマズにしか行くしかなく、そこでは2Dしかやっていなかったし、四日市まで行く気力も時間も無かったので、
「デッドプ゜ール」
 はブルーレイレンタルで観ることにしていたんだむー。
 果たして、
 四日市にまで行って3Dで観ておくんだったむー!!!
 という一作でした。どうして、映画会社はこの作品、せっかく3Dで撮影されているのだから、ブルーレイコンテンツでも3D出してくれるといいのに。きっと、喜んで買うファンはたくさんいるはずだ。
 冒頭のシーンからもうやられましたね。これ3Dで観れた人たちはラッキーだむー。悔しかったので、テレビを疑似的3Dモードにして観ました。ちょっとくらいは3Dになりました。でも本当にちょっとくらいでしたむー。
 これからは積極的にレディースデイに四日市まででも通おうと思ったんだむー。
 ↑メラニー方発声の実践にもなりますし、最近は声色変えていない←それでもデイサービスのご利用者さまは
 「このお姉さんは」と私を指して言ってくれるんだむー。
[PR]
by qpqp1999 | 2016-10-24 18:26 | 映画

キリスト教

 キリスト教はユダヤ教と違うと思っている人は多いでしょう。確かに違うのです。ただ、私たちが認識しなければならないのは、キリスト教は紀元70年以前、以降にわたって、
 ユダヤ教キリスト派とされて立派なユダヤ教だったのです。
 紀元70年にユダヤ教の本山であるエルサレム神殿は陥落します。この時まではユダヤ教は神殿宗教でした。自分の罪を犠牲の動物に追わせて、それをと殺することで、自分の罪を贖ってもらえるというものでした。この方がよほどキリスト教に近かったと思う。
 ところが神殿の陥落でユダヤ教はファリサイ派という十戒に基づく律法を、ことこまかに守ることで、その罪ではないという事を発現して、それを福音にしていたのでした。
 そこにいくとキリスト派は律法違反ばかりして処刑されたイエス・キリストを主として信じていましたから、ユダヤ教の中では肩身狭かったワケです。
 そして紀元90年くらいから始められたヤムニア公会議の中で、キリスト派は異端とされてしまいました。ここで、ユダヤ教とキリスト教は別別の宗教になったわけです。
 しかし、両者はとても似ていて、自らの罪について執念深く探求します。ユダヤ教では祈りとか律法を厳守するとかそういう事で自らの罪を解決させます。キリスト教になるともっと簡単で、イエス・キリストを救い主と信じれば一切の罪は無くなって「浄化する」という事になっています。
 私はこういうセオリーをどうかと思う一人のキリスト教信者です。そんな簡単にイエス・キリストを救い主だと信じたからといって、自分の犯した罪がゆるされるものなのか。
 ここで、付け加えたいのは、今日の説教でも述べましたが、自分の罪と真正面から向き合って、それを主なる神にさらけ出し、その事に自ら取り組むという作業なしには、単純にイエス様がいるから罪がゆるされたんだーみたいな「ミッションバラバ」みたいな低次元の解釈になると思うのでした。
[PR]
by qpqp1999 | 2016-10-23 17:10 | キリスト教