牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

初午大祭

 今年も松阪では岡寺で初午大祭行われる。私はこの岡寺の御住職と小学校の頃からの親友なんだむー。
 教会の庭で、岡寺の境内で秘密基地造ったりして遊んでいた。
真のエキュメニズムというのはこういう所から始る。
 今日は夜宮だというのに雨が降っている現場どうなっているのか・・・。昼間、写真に撮ったこの看板。
b0130652_18204998.jpg

「この先まつりのため通行止め・・・って・・・。」
 日本史において最初の厄落としの大祭が まつり って・・・。
いや、まつりですよ!!!私も子供のころ夜宮に行ってひよことか買ってきて、大人になって、朝のコケコッコーがうるさいということで、私は可愛がっていたのに、小学校から帰ってきたら焼き鳥屋さんに売られてしまっていて、しばらくトラウマで、庭鳥食べることが出来なかった。今でも少しそうだ。
 そういう、ワケで松阪の参宮街道には、全国から「てきや」の人たちがやって来て、屋台を組み始める。まだ交通規制かかっていないので自動車で通れる。楽しみな風景だむー。
 
b0130652_182693.jpg

あいにくのお天気なので、明日、お祭りに行って、焼きそば買おうと思っていたが、心配だ。明日、雨が降らないことを願うものだむー。
テキヤさんで、私の心をくすぐってくれるアイテムが売られるのを楽しみにしているむー!!大人買いのシーズン到来だむー!!!
[PR]
by qpqp1999 | 2016-02-29 18:29 | 都市伝説

お金持ち

 金持ちほど天国に入るのは難しい!!!聖書の教えだむー。
 そんな今日、私は礼拝後、車検済ませたアバルトとりに名古屋のディーラーまで行ってきたむー。何しろ、台車がマーチだったので、行きは物凄い時間長く感じた。
 果たして、アバルト名古屋につくと工場長のSさんが
「松本さま のご来店で~す」
 と言ってまわる。
 通されたのは、
これからフィアット500買おうかどうしようかなー と思って来店するお客様が案内されるカフェみたいな所だ。
 ガラス張り、下は大理石みたいに光ってる。展示車もピカピカだ!!!テーブルも強化ガラス、椅子も赤くてお洒落だ。Sさんが言う
 「お飲みものは何にいたしましょうか~」
いつものように、カルピスウォーターをオーダーすると女子職員←カワイイ がカルピスウォーターとビスケット持ってきた!!!
 アバルトのグラスにアバルトの茶卓、しまいにはストローまでアバルトじゃないだろな!?!?と疑ってしまったむー。
b0130652_17305517.jpg

 日曜なのでお客さんも来ている。みんなアバルトというよりはフィアット500が目的みたいだ。展示車に乗って、販売員の人とサンルーフについて色々話している。
 着ているお客さんは、みんなお金持ちみたいな夫婦とかが多かった。なにしろ足元が違う。[足元を見る」ということわざがあるように、実際、お金持ちというのは、みんな高価な靴履いている。そして、どうやら奥さんの自動車、セカンドカーにフィアット500を物色しにきたらしくて、運転席には奥さんが乗って、旦那は助手席にのって色々話していた。
 丁寧に行くときも、着席する時もSさんはお辞儀をする。カリオストロの城の影がクラリスにしているみたいにしてくれる。そりゃ、そうだ、これから私は30万円近い車検の費用を払うのだから、
 このカルピスウォーターとビスケットは結構な額だ。
エンジニアのSさんが言うに、今回ブレーキパッドとディスクローターを交換したのでブレーキの効きが甘くなっているので注意して下さいということだった。
 いよい25万3000円払う。Sさんは一枚一枚丁寧に諭吉を数えながら、確認して領収書作ってくるといって、お辞儀して行ってしまった。
 車検が完了したアバルトの所に行って記念写真撮る。そこら中、アバルトだらけだ。ナンバーモザイクかけてあるがお尻出しているのが私のアバルトです。
b0130652_17411281.jpg

 帰り、時間は行きとほとんど同じだったのに、感覚的にあっという間に松阪についたというのが、とても印象的だった。
 行きは、ああもう。まだ津だ・・・」
と唸っていたのに帰りは
 「あれ、もう津に着いちゃった」
となる。時間みると十分も変わらない。つまりアバルトだと走りの質が断然に良くなっていて。運転しているのが苦にならない、むしろ楽しいという事になるのだった。
 いい車っていうのは、こういうところが違うんだなあと思った。
[PR]
by qpqp1999 | 2016-02-28 17:43 | キリスト教
 四旬節第三主日礼拝説教
  ルカ福音書13章1~9節
 「その時、何人かの人が来て、ピラトがガリラヤ人の血を彼らの生贄に混ぜたことをイエスに告げた。
 イエスはおこたえになった
 「そのガリラヤ人たちがそのよびうな災難に遭ったのは他のどのガリラヤ人よりも罪深い者だったからだと思うのか。決してそうではない。言っておくが、あなた方も悔い改めなければ、皆同じように滅びる。」
 ピラトは使徒信条に出てくる
 [ポンテオ・ピラト]
 で、ユダヤ衆の総督である。この人はユダヤの総督としては、とても
 「反ユダヤ」
 的な政策を行った人として有名だ。実を言うと、今日の個所で言われている最初の事件も後の事件も歴史的な裏付けが全く取れないというのが現状だ。
 訴えられている問題は、把握することができる、最初の訴えは、
 「贖いの生贄」
 の血にガリラヤ人の血を混ぜたという。具体的にどういう事なのか定かではないが、簡単に言うと、
 「虐殺された」
 と言うことである。そこで、イエス・キリストは言う
 「そのガリラヤ人たちがそのような災難に遭ったのは他のどのガリラヤ人よりも罪深い者だったからだと思うのか。決してそうではない。言っておくがあなた方も悔い改め無ければ皆同じように滅びる」
 であった。
 同じ言い回しで、次の事例にもイエス・キリストは対する
 「またシロアムの塔が倒れて、死んだあの18人はエルサレムに住んでいた他のどの人々よりも罪深い者だったと思うのか。決してそうではない。言っておくが悔い改め無ければあなたがたも同じように滅びる」
 であった。この問答は簡単に約すると
 「バチが当たったのは罪深い者だからではなく、誰でもバチにあたるから
 『悔い改め』よ」
 という事であるる
 μετανοῆτεメタノイエテ メタノイア
 これほど訳するのに難しい単語は無い。単純に訳すれば
 「悔い改めよ」
という事なのだが、
 私は思う。よほど、自他共に認めるような大犯罪者でない限り、いったい自分のどこを
 「悔い改め」
 ていいか解らないはずだ。解る人がいるのなら、是非とも「悔い改め」ていただきたいが、普通の場合、そんなこと言われても「悔い改め」ようがないというのが現実だ。
 一つ、イエス・キリストに指摘されている所がある。それは、この二つの災難にあった人たちが、そんなに
 「罪深」
 かったからではないと言っている事である。その正反対で、普通に暮らしている人も、この被害者みたいになりたくなければ「悔い改め」なさいとまで言われていることである。
 この神学的洞察から導きだされる一つの答えがある。この災難に遭った人がバチ当たりだったとするなら、それを見ている今の私自身かバチ当たりであるということである。
 実は
 「悔い改める」
 という事は、そのように
 「バチ当たりであった」
 と認め、その災難に遭った人と苦しみを共有する事なのである。
 随分と差別され、踏みつけにされた苦しみを共有して苦しむ事、これこそが、
 「悔い改め」
の第一歩なのだ。
 そうでなければ
 「滅びる」
 とさえ言われている。実はそういう事なのだ。今、目の前で虐待され、踏みつけにされている人と連帯しなければ、私たちは
 「滅びる」
 のだ。ここまで来ると、やっと解る。四旬節、イエス・キリストの十字架の苦しみを思う礼拝で、何故この聖書個所が選ばれたのかを。
 まさにイエス・キリストこそ、十字架という、奴隷やテロリストが処刑されるような、一番みじめな方法で殺されるというところに、私たちは共有するべきであると示される。
 今はいいかもしれない。自分の至りたいステイタスにあって平安かもしれない。しかし、イエス・キリストはそれに対して、否と唱える。
 その災難に遭っている人と連帯するべきであり、そうでないなら「滅びる」とさえ、言われているのであった。
 そこで、持ちだされるのが
 「いちじくの木」
 の話しである。
「園丁に言った『もう三年もの間、いちじくの実を探しに来ているのに見つけた試しがない、切り倒せ』」
 対して園丁は
 「ご主人様今年もこのままにしておいて下さい。木の周りを掘って肥やしをやってみます。」「それでも駄目なら切り倒して下さい」
 ここに示されているのは何だろうか。
「悔い改め」
 の事で困っている私たちに対して、確かに、時間はかかるかもしれないが、それこそ、しびれを切らして待っている主の実りが一年後にはやってくるという話しなのだ。
 園丁は主であり、いちじくは私たちである。心配しないで、主にある手入れを受ける事、それこそが、まさに
「悔い改め」なのだ。
[PR]
by qpqp1999 | 2016-02-27 18:30 | キリスト教

年齢・・・

 世の中、抽出するといくら歳とっても若い人いるんですよ。
 2001年に45歳の竹内まりや様が出た時とか、
うわー!!!45歳なのにこんなに美しくいられるんだー!!!
 みたいに思っていた。
 それを根底から覆すような事が今日起きたんだむー。
 NHKの番組見ていた。糞真面目な番組だ。だが、私は気になった。出ている人が
 あの「ウインク」の人みたいに見えたのだ!!!
 そんな筈はない。だって、あの90年代を席巻したウインクのあの人は私とたいして歳が変わらないはずだからだ。相当に劣化していることは必然だった。
 だけど、モニターみる限り、どっからどう見ても、そのNHKの番組に出ているその人はウインクの人だ・・・。
 後で調べた。ウインクのその人は
 相田翔子
 という人で、45歳だったむー!!!
とてもではないが、そんな歳に見えない。セーラー服とか着てこられたら、高校生でも通るくらいの美貌ぶりぶりだ。世の中には凄い人がいると、今日はとことん知らしめられたんだむー!!!
果たして、ネットとか調べてみると
 相田将子さん
 いまナウな人№1になっている。
 可愛すぎると皆が絶賛している。
 私も絶賛する!!!
 ああ、びっくりした。世の中には
 それは、それは、カワユスな人間もいるものだ。
[PR]
by qpqp1999 | 2016-02-26 19:38 | 音楽

ATM

ヤフオクでスターウォーズフォースの覚醒BB8を落札したので
ATMで支払いすませ よ う   と   し   た   ら
 私は銀行のATMにバックパックごと預けてしまったんだむー!!!
画像一枚目がそれです。
b0130652_1827382.jpg

 お札を入れる口にバックパックのヒモが垂れていて、
はさまれて、締められてしまったんだむー!!!
 どうやっても抜けない!!!←そりゃそうだ。なにしろ諭吉を扱っている所ですから、そんな簡単に抜けては困るのです。
 仕方無い、非常用電話押して、係の銀行員の人に助けてもらおうとしたが、この人でも、
「どうやれば、いいか解らない、ああ、そうだ、私のキャッシュカードで」
と言ってはATMでお札の払い込みを掛けようとしたが、
機械はハッキリとNOと言う。
「悪いが、今、金が挟まった状態なんでね・・・」
みたいな事になった。困った銀行員さんは裏に回ってATMを操作して
なんとか、かんとかお札の出入り口を広げようとした、画像2がそれです。
 
b0130652_1832945.jpg

ところが、日本のATMよく出来ている、そんな姑息な事をやっても
 お札の窓は開かないんだむー!!!閉じたままで開いてくるー!!!
銀行員さんは
「無理にひっぱると、●●万円かかりますから、エンジニアの人が来るまで待って下さい」
 と言う。二時間以上、ここに引っかかったままでいなければならない。
仕方ないので、
「このバックパックの先切ってしまっていいです」
 と言ったら、ハサミ持ってきたむー。
 しかしバックパックの合成繊維強い、なかなか切れない。そうして、やっとの事で私はATMから解放されたむー。
 しかも、バックパックをATMで銀行に預けてきたむー!!!これは吉兆か!?!?!?
[PR]
by qpqp1999 | 2016-02-25 18:36 | 都市伝説

パイナップル

パイナップル
 何で、
「松林檎」
になんねん!!!
 そもそも、この果実がなっているの
「松」
じゃありませんよね!!!
 いつから、この果実は
「松」になったんだむー!!!
実は1800年代に熱帯アメリカに侵略していた白人の人たちが
パイナップルの実を見て。
「これって、松ぼっくり←pineappleみたいじゃね???」
と言いながら
「切ってみようか」
ということになって、切ってみたら
「これって美味しそうぢゃね???」
ということになって、食べてみたら
「美味しいじゃん」
「これって、まさに松の林檎だよね、これこそがpineapple」
ということで、松でも何でもないのにパイナップルは松の林檎になってしまったんだむー・・・。
[PR]
by qpqp1999 | 2016-02-24 19:13 | グルメ

今日は何の日

 今日は何の日!!!
 今や日本では毎日が なんとか の日になっている・・・。
 昨日の2月22日は
222=にゃん にゃん にゃん で
猫の日だったむー。おどろいたのはカレンダーにもそう書いてあった。
 今日は2月23日なので
 「ふろしき」の日なんだそうだ。
 なんで223から風呂敷が導き出されるのか当初困惑したが、
 2 つ 2 つ 3 み
ということで、フロシキの日になっているんだむー。これはカレンダーに載っていなかった。
 そんな事を言い出すのなら。
1月11日なんか
 ワン ワン ワン

「犬の日」ぢゃないかむー!!!
 だが1月11日は「犬の日」に制定されていない。納得がいかないんだむー!!!
[PR]
by qpqp1999 | 2016-02-23 18:30 | 日本の習慣

矢文

 今日は、夕方からホルモン治療にクリニックに行ってきたむー。待合室は混雑している。そこに携帯に電話がなる。普通なら切ってしまうのだが、かかってきている先が
 アバルト名古屋だったんだむー!!!
文矢が届きまんたむー!!!
工場長のSさんは
 「畏れ入ります、先日、お伝えしました、車検の明細の方をメールにて送信致しました。ご確認の上、ご検討下さい。尚、今回、リアブレーキパッドが限界にすり減っておりまして、交換とリアブレーキディスクローターのセットが必要でございすます。お値段のするものですが、これはどうしても交換必要なものですので、明細書をご覧になりご検討ください」
 と言って一旦、電話終わった。
 高鳴る鼓動!!!リアブレーキパッドって・・・。買い替えたら何十万円もするぢゃないか・・・。いや、しかし、確かに昨日、マーチに乗って名古屋から松阪まで来たが、加速も悪い上に制動性も悪かった。アバルトならではのブレーキングシステムであり、私はシグナルGPとか楽しんで、散々酷使してきたから、それはすり減ってしまっていても不思議ではない。
 取り替える他ない!!!
 暗くなる夜空の元、クリニックで順番待ちながら、タブレットPCを立ち上げて、メールの確認する。
ご丁寧にPOFファイルだ!!!
開いて見るがなにしろタブレットPCでマウスとかベアリングしていないし、老眼が祟ってよく内容が見えない。私は主に祈りながら、
「お願いですから三十万円以内で収まりますように」
 と待合室で叫んだ←心の中で必死に!!!
果たして、信じられないものがタブレットPCに表示された
 お見積り金額 252929円
主は存在する!!!私はこの時のためにこの三年間で車検対応のために三〇〇〇〇〇円貯金してきた!!!
余裕で勝った!!!
クリニックでまだ、私の番は来ないので、アバルト名古屋のSさんに電話して、
「これで進めて下さい」
 と言ったんだむー。三〇〇〇円出せば五〇〇〇〇円が浮かび上がる、わーい!!!今回の車検は一つの勝負どころであったが、無事に勝ち越す事ができた。恐ろしいのはその二年後からの車検だ、きっとアバルト名古屋の工場長Sさんは
「あそこが悪い、ここが交換必要です」
 とか言って、走行距離に応じて、どんどん値上げしていって、しまいには新車をまた買わせるつもりでいるにちがいない!!!
 それならば、私はその時のために頑張ってお金貯めて、今回のように勝ってしまうんだむー!!!
[PR]
by qpqp1999 | 2016-02-22 18:38 | 性同一性しょうがい

車検

 アバルトに乗りだして三年たったので、車検のため
「アバルト名古屋」
 のディーラーに行ってきたむー。
 当たり前だけど、アバルトだらけだ。
b0130652_17424244.jpg

 買おうかどうしようか、という時にはメニュー持ってきて色々オーダーしたものだが、駆ってから三年目の人になるともうメニュー無い!!!
 イタ車らしい、反応だむー。いきなりお金の話しから始ったりする。見積もりは
「メールかファックスで」
 と言うので、なんで電話で出来ないんだろうと思ったが、すぐに閃いた。
とてもぢゃないが、口頭では伝えられないような金額になると言う事なんだむー!!!矢文の世界です。
 一週間は預けるので、代車貸してもらう。どうせ、プントとかそういうのだろうと、思っていたが、案内されたとこめにはアバルトとフィアット500しかいなかった。アバルトはいくらなんでも無理かもしれないが、フィアットだったら代車あり!?!?!?
 と思って案内されると、果たしてフィアットが待っている!!!
b0130652_1748794.jpg

うわーい!!!と思っていたら、工場長のSさんは
こちらですと言って、アバルトとかフィアットとかの中に紛れ込んでいる。アルファロメオのミトとアバルトとフィアット500を足して10000で割ったような
 国産車マーチが待っていたんだむー
b0130652_17501393.jpg

 マーチって本当に前から見たらアルファロメオのミト???みたいな顔しているし、お尻をみたらフィアット500???みたいな形をしている。
 果たして私は松阪と名古屋を往復してきたのだが、風がすごい強くて、アバルトでも1●●キロ出すと怖かった。帰りのマーチとかだと、
 全然加速できない!!!安定性もない!!!おとなしく80キロで走るしかない!!!
だけど、結局、道のりの時間は十五分からに十分くらいしか変わらなかった。逆にマーチだと加速できないから、嫌でも100キロ以内で走行するしかない、危ないし怖くて仕方がない。
 やっぱりレーシングカーってちがうんだなー。
[PR]
by qpqp1999 | 2016-02-21 17:56 | アバルト500

[PR]
by qpqp1999 | 2016-02-21 12:09 | キリスト教