牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

<   2014年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

はろうぃん

 世の中はハロウィンをお祝いしているが、これは私も賛成だむー。
クリスマスをサンタクロースのお祭りにされてお祝いされるより、ハロウィンという、よくワケが解らないことで、キリスト教とは一切関係ないとこで、「仮装して大騒ぎして、子供たちにはお菓子が配られるat 日本」
 大変いいことだむー!!!どうかするとキリスト教徒でも、このハロウィンって一体もともとが何なのかしらない人が多いのが実情だから、まして、昨今の日本人で知っている人なんていやしない。
 簡単に言うと、ハロウィンはキリスト教と関係ない。ハロウィンはケルト民族のお盆だと言えば一番わかりやすいだろう。お盆はわかってもケルト民族が何かわからない人もいるだろうから、描きますと、ヨーロッパのジモピーの方々です。古代ローマ軍からは ガリア人 とも呼ばれて、何世紀も戦い続けていた。
 とうとう、そのケルトの人々もキリスト教になったしまったのだが、そのお盆の習慣は残ることになった。それが、ずばりハロウィンだむー。
 基本、仏教徒、神道徒の日本人には、あまり関係ない、というか、全く関係ないお祭りだが、昨今では日本人もお祝いするようになった。これで、日本にはお盆が二つできたわけだ。
 解説するとあのカボチャの灯篭は、死者をお迎えして、道間違えないようにする目印だそうだ。それにしても、ローマから見ても「僻地」の週刊がはるか大陸と海を超えて日本に定着したのだから、人間の文化の力ってすごいなあと感心するばかりだ。人類の生きざまみたいなものが、この現象に伺えるわけですよ。その意味で、
はっぴーはろうぃーんむー
by qpqp1999 | 2014-10-31 21:58 | キリスト教

反則

 お葬式、それもかなり悲惨なお葬式の時で仏式の時に絶対に思い出してはいけないことがある。それは
「絶対にお経となえているその場所で爆笑してはいけいない」ということんだむー!!!
 私はこれのせいで、大変な目にあった事がある。お葬式、かなり参列するのも悲しいお葬式の時に、私は、こいつを思い出してしまった。
 笑ってはいけない
泣いてはいけないは、人間かなりこらえる事ができるのだが、笑ってはいけないになると、人間こらえるのが、難しい、アナウンサーとか、俳優さんとかも、トラウマになってる、この爆笑してはいけないシリーズはその、お葬式の時にお経あげている、お坊さんの後ろ頭観た時からマックスになってしまう。
 爆笑しそうになるのを避けて、お坊さんの頭から列席者の後ろ頭に視線をずらしても、どうやったって禿げているオジサンの後ろ頭が入って来て、また、こっちの方がよほど面白いので、爆笑を連鎖させてしまう。もう、この段階になると何を見ても爆笑するしかなくなるので大変だ。
 これからお通夜に行く、そこのあなた、絶対にこの事を思い出してはならないんだむー。
by qpqp1999 | 2014-10-30 18:02 | ライラの冒険

自殺未遂

 なんだって、総理大臣は「責任とって辞職します」が出来るのに、町内会の組長に限って「町内会費の徴収遅れた責任を取って辞職します」が出来ないんだむー!?!?!?
 いいかげんにしろむー!!!

 この町内会とか自治会の仕組みって悪しき「大東亜戦争」「太平洋戦争」の頃のなごりですよね。もう、この負の遺産はなんとしてもらいたい。そもそも、私はその町内に住んでもいないんだむー!!!。
 それでもサイコな町内会長は色々と注文をつけては、私に町内会費の徴収を急がせる。私は仕事しているんだむー!!!遊んでいるのでもないし、ぼーっとしているのでもない。町内会費なんか、もう、どーだっていいんだむー!!!ということで、漫画の締め切りを優先して町内会を放ったらかしにしていたら、町内会長が文句言ってきた。
 ぢゃあ、辞めます と言わせないんですね町内会長は、とにかく、町内会費を一日でも早く徴収しろという。仕方ないのでがんばって徴収したら町内会長の家を残して全ての徴収が終えられた。
 てめえの家だけだ、町内会費はらってないのは、町内会長さん!!!状態なのに、悔しいかな、自治体の会計の人も御留守で誰もいない。せっかく一日でまたたくまに徴収したのに、意味が無い。本当に町内会とか自治体なんて、大っきらいだむー。
by qpqp1999 | 2014-10-29 19:19 | 自殺

永遠の0むー

 百田さんは「永遠の0」がブレイクしない頃までは好きだった。ブレイクしてからは、すっかりネトウヨよりたちの悪い人になったので好きではない。しかし、「永遠の0」という作品が日本人の心に打つものがあるのは否めない。事実ベストセラーになっている、単なる右翼的な作品というだけでは出版業界そうはいかないものだ。尤も、この出版業界での たまたま当たったベストセラーで いい気になっている百田さんの未来は暗いと断言するものだむー。
 と言う訳で、私は今日は漫画のネームあけで、ブルーレイレンタルでその「永遠の0」をレンタルしたんだむー。息抜きに零戦が飛んでいるのが観たかったそれだけで、話しはもうどうでもよかった。そもそもこの映画、ヒットした割には、空母なんか赤城しか出てこないし、しょーもない映画だ。
 そうハッキ言うからには私は映画館まで観に行ったし、こうしてブルーレイレンタルしている訳だ。
そこで、いつもやってる 両親に観せて喰いつくかどうか。果たして、両親は途中から観たのに、この映画に釘付けになって観ているんだむー!!!
 まあ、話事態は百田さんとは違ってよく出来ているから、いいんだけど、映画はヒットの割りにはショボイというのは、再び、この作品を看て思うことだ。特に後半の戦争賛美みたいのはやめて欲しかった。
特にラストシーンの現代日本の空に岡田じゅんいちさんが乗る零戦が飛んでくるところはやめてほしかった。あらゆる意味で背筋がぞっとしたむー!!!
もっと原作みたいに軍令部をこきおろすようなやつを造ってもらいたかった。
by qpqp1999 | 2014-10-28 19:02 | 映画

でじたる

 私が漫画にCGを導入したのはまだ、ウインドウズ98が出る前だった。当然、アップルの製品しか使えなかった。ところが、今や、多くの漫画家がCG、デジタルデータで漫画描いている。
 基本、線はペンや筆で描くけれども、最終的にはデジタル化させて、フォトショップファイルで書き出している人が多い。実を言うと、この線画のスキャンは線が太ったり、痩せたりしてあまりよくない。けれど、多くの漫画家がこの手法を用いるようになった。
 また、そもそもからフルデジタルで描く場合には、モニターに写っている絵とプリンターで出力された絵に誤差があるのも問題だ。まあ、デッカイペンタブレット使えばこの問題は解消されるのだが、私のような貧乏漫画家は小さいペンタブレットでも総統な出費だった。
 印刷業界もフォトショップ基準だし、どうかすると、編集社も印刷社もAPPLEだったりする。え゛ー!!!と言う感じなんだけど事実だから仕方ない。尤も最近はどちらのデータでも互換性があるので、困らないのだが、いいかげん、アップルとマイクロソフトの関係なんとかならないかと思ってしまう。もう意地の張りあり、金の取り合い無しにしてユーザーの事を第一にしてくれむー。というのが本音だ。
 でも紙に描くとその紙がどっか行ってしまったら最後なんだけれど、データに残しておけば、後から、いくらでも編集できるのがデジタルのいいところだと思う。いちいち消しゴムでゴシゴシしなくても、デリィートで一発で消えてくれる。絵も、デリィートで一発修正可能だ。そう言う点ではペンタブレットで線を描くことを得ているならば、漫画描くのにデジタルというのは、いいんだろうと思う。反対に、せっかくペンや筆で描いているのだったら、よほどの貧乏漫画家でないかぎり、デジタル化しないで生原稿!!!スクリーントーン全開でやったほうが、見応えのあるものになると思う。事実、先日送ってもらった、私の講談社のモーニングの連載してた作品は線は生原稿で、網点だけCGという当時としては非常に特異なスタイルで描いていたから、今、みると、すごい迫力だ・・・。
 線っていうのは、やっぱり生ものなんです。もしCGで描こうとするならデジタルでどれだけ、生な線に近づけるかが勝負になってくると思う。実際、漫画汎用のソフトはアドビ社のフォトショップなんかいらないくらい、漫画専用に作られていて、←名前言っておきましょう。  セルシスの クリップスタジオ シリーズです。 私的には EX をお勧めします。カスタマーサポートも充実しているし申し分ありません。ただ、描いた時のストロークと、印刷出力した時の出来栄えでは誤差があるので、どうしても、そこは確認しなければならないが、漫画をCGで描くなら、これがお勧めだ。
 また、意外な事に、液晶タブレットに写っている線より、印刷出力した線の方が綺麗だったりすることもあることは付け加えておきましょう。そうです。フルデジタルでも線は生かせるのですむー。
by qpqp1999 | 2014-10-27 18:58 | 漫画

買い物

b0130652_18332673.jpg

 私は漫画をこの二台のマシンで描いているんだむー。今やっているのは次の作品の絵コンテだ。これも出来る限り早く書かないと駄目だ。
 それにしても漫画って恐ろしく時間のかかる作業だ。私の場合、ネームではなくて絵コンテなので、絵が入っているのが条件なので、一時間に四枚くらいが精いっぱいだ。
 これが原稿になると一枚につき四時間くらいかかる。なにしろ、松阪ではアシスタントなんてしてくれる人いないし、雇うだけのお金も無いので、独りで描くばかりだ。
 幸いなのはプリントに複合機を使えることだろうか。今日もよく描いた。
以前は午後2時くらいから描きだして、夜中の3時くらいまで描いていたが、今は朝早くおきなければならないし、睡眠障碍があるので、夜7時半には寝なければならない。でないと睡眠薬のせいでブラックアウトしてしまう。これは脳によくないので、できるだけ、薬は寝る寸前に呑むことにしているんだむー。
 講談社から以前の私の週刊モーニングで連載していた作品の原稿を送ってもらった。当初は筆で線を描いていて、やがてCGを扱うようになった歴史がすごい迫力で迫ってくる。自分で自分の作品にリスペクトされているというのも考えものだが、まあいいや、一つの進歩だ。いずれにせよ、LOVE PLANETの原稿は破棄されずに、手にもどった。と思ったら、カラー原稿が無い!!!まだ漫画家駆け出しの頃、いきなり担当編集者のSさんから
 「じゃあ、今回はカラーでいきましょうか」
と言われて、慌てて、アクリル絵の具を買いに行った覚えがある、あれだ。お願いだ、出てきてくれむー!!!あの、作業をもう一回やるのは大変なんだむー!!!
by qpqp1999 | 2014-10-26 18:53 | 家族
聖霊降臨後第20主日礼拝説教 マタイ22章1-14節

 とても暴力的な表現が頻発するイエス・キリストのたとえ話。最初に全体を読むとなんだか脅されているような心境になってしまう。神の力の絶対性とそれに服従しない者に対する罰と言う構造が否定できないくらいはっきりと描かれている。

 では、実質どうなのかと言うと、実はその通りなのだ。この様に書くのには実は抵抗がある。何しろ「絶対」という言葉には「絶対化」という意味合いが含まれる。この「絶対化」という事象においては、必ずそこに暴力が起こる。キリスト教信者はいつの間にか、この信教の「絶対化」における「暴力」にさらされ、それに順応してしまっている傾向がみられる。特に「保守層」においてそれは顕著である。例えば、「女性司祭を認めない」とする立場の人、あるいは、あらゆるセクシュアルマイノリティー(ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、アセクシュアル)に対する「排除」である。これらは、キリスト教社会でのうのうと、息まいているのが現状だ。

 しかし、実はこの「絶対化」は逆の暴力に転じている事が今日の個所ではっきりと書かれている。つまり、イエス・キリストの視座からすると、そのような「保守的」な価値観から他者を排除するような人は滅ぼされるという記事である。

 実に脅迫的な概念だ。しかし、それをマタイ書ではあえて使う。それだけの「絶対」性をイエス・キリストの立場に置き替えて、今の世に対して発するという、とても冒険的な事をしているのだ。

 ここで言う「天の国」というのは、単純に「天国」を意味するものではない。むしろ、今を生きる私たちと主「神」との交わりの場について語っているということに注意するべきだ。多くの場合、この「天の国」というと「あの世」のことだと思われがちだが、福音書ではそうではない。福音書で所謂「あの世」というものについて書かれている事象は実は少なく、むしろ、今を生きるその生きざまの中に介入する「天の国」という解釈で書かれているものがほとんどだ。

 だからこその「暴力」なのだ。というのは、そもそも、「マイノリティー」に対する暴力は世の中にあぐらをかいている訳だ。それに対するアンチテーゼとしての福音による、いわば、「暴力」が繰り広げられるわけだ。つまり、世の暴力に対抗する力と言うのが尤もな言葉かもしれない。ある意味、痛快ですらあるが、マタイは堂々とそれを書く。

 舞台は王の息子の婚宴の宴会の場である。そこに招かれていた人々は、それを拒否し、それぞれの赴くままに生きて行く。つまり、主の要請を受け入れなかったということだ。むしろ要請というよりは恵みと言った方がいいのかもしれない。それを、自らの事情に応じて、排除したというのが現状である。

 こういった事態は日常でよくあることだ。キリスト教社会の中でもよくあることだ、たとえば「女性司祭」を認めないとか「ありとあらゆるセクシュアルマイリテぃー」を認めないとか普通にキリスト教社会にある訳だ。

 それに対して、真っ向から、反撃してくるのがマタイ書の今日の個所なのである。

「そこで王は怒り軍隊を送ってこの人殺しどもを滅ぼし、その街を焼き払った」である。

 「憐れみ深い主」というのなら、それなりに納得出来るが、怒れる主というのは、なかなかしっくりこないものだ。だが、あえて、マタイ書はこの「怒る主」を書くのである。

 そもそもマタイ福音書は、その最初1章からアンチ保守に偏っている。即ち、そのイエス・キリストの系図である。マリアを含め、5人の女性がそのイエス・キリストの系図に載せられている。そして、どの人も、マリアを含めて、スキャンダラスな人ばかりだ。

 その方向で読んで行くとよく解る。ここで、言われている、招きに応じなかった人々はマタイ書の文脈で言うなら、その方針に同意しなかった人々なのだ。決して、キリスト教の中で主流を得ている人たちではなく、あえて、マタイ書の提案するアンチ保守的なキリスト像にこそ、希望を託して、祈るか、そうでないかが描かれている。

 おそらく、保守的なキリスト教信者は今日の個所で困惑するだろうと思う。まともに向き合うならば、それは、到底受け入れられないほどに、過激な描写がなされているからだ。この個所で、主の婚宴に招かれた人々の全てはそれを拒否したというのが第一点である。のら作業に行ってしまったりして、どうでもいいような要件で、この大事な主の婚宴を拒否するのだ。また、王も王で、軍隊を送りつけて、街ごと焼き払うという徹底的な対応をしている。

 これは、架空の出来事でも、未来を予測しての事ではない、今、私たちが生きる今の中で起こる事だということをしっかり把握するべきだ。主の招きは広く、また暖かい、しかし、私たちはそれに対して、非情に冷淡である事がある。そして、それに対する主の報復は相当なものであるということ。それを知ってるいか、知っていないかでは、大きく信仰の指針が外れるということである。これは重要な事で、キリスト教を信仰する者にとっては大きな事である。招かれていることを知っているか、招かれている事を知っているのにそれを拒否するのかでは、局面に大きく差が出てくると言う事をマタイは熱烈に語っているのだ。

 それを端的に語っているのが、12節だ。結局当初招かれていた者たちは知っていて拒否したので街ごと焼き尽くされるが、その一方で、招きはあらゆる人々に向かう。ところが、「王が客を見ようと入ってくると婚礼の礼服を着ていない者が一人いた」対して、王は「友よどうして礼服を着ないでここに入って来たのか」である。結局この人は縛られて、放り出されるのだが、実はここは原典に忠実に訳したいものだ。この「着」はἔχωνエクスゥーンで、「受け取る」「取る」という意味が強い、服装を着るではないのだ。

 つまり、「どうして、恩寵を受け取らなかったのか」という意味に展開するのである。言われてみれば、最初の客たちも、その招きを拒否した。この人もそこに用意されているものを拒否した。であるので、いよいよ、私たちは、主によって与えれた恵みを正に豊かに受け取ることが大事とされると言うことなのだ。簡単なことのように見えるが、事実はそうではない。恵みを恵みとして受け取るのは難しいものだ。それを信仰の故に、主の恵みの故に受け取ることこそが、主の婚礼に参加することなのである。
by qpqp1999 | 2014-10-25 21:24 | キリスト教

やぐちまり

 矢口真里の実質復帰第一回の放送がミヤネヤだった。観た人も多いと思う。あれだけデブになっていた矢口真里がどれだけ元にもどっているかとか、等々、興味はつきない。
 実際、矢口真里さんがカメラに映るまでが、長かった、実はこの時点でかんのいい人なら気付いていただろう。私はにぶくて最初は気付かなかったんだけど、
 何の事はない、芸能事務所とテレビ局のディレクターが示しあわせて書いた台本通りに進んで行っただけのことだったんだむー!!!
 だから、何等、別段驚いたり、びっくりしたり、面白かったりすることはまるでなかった。いいように、いいように、番組は展開していった。一番知りたかった、その間男と元の旦那の遭遇と修羅場なんて完璧に封印されてしまっていた。矢口真里さん曰くに「皆さんの御想像におまかせします」だ・・・。冗談じゃありません、勘ぐると、元の旦那さんにもギャラわたっているのではないかと疑いたくなってしまう。
 芸能人がテレビ番組に出る上での宿命みたいなものなのだが、どんな番組にもライターがいて、芸能人ってその台本をいかに演じるかが問われてくる。そういう事なんですよ。だから、一見、矢口真里さんの真実は!?!?!?みたいなふれこみで生放送だから皆騙されてしまうのだが、この生放送、生放送なだけに、入念に台本はつくられ、しかも、これだけ、一種のバッシングみたいなのを作り上げてきたテレビというメディアが、ついに、そろそろネタを変えようと思い出した。
 矢口真里さんの真意は、はっきり言って不明のままだ。また、台本通りにテレビに映ることを選択したということなのだろう。そうやって、考えると、テレビと言うメディアはつくづく人工的だと思う。インターネットとかツイッターの方が、より生でリアルだと感じてしまう。
 そして、世の中は今そのさ中にある。テレビというプロが創りあげる情報とインターネットという言わば、完全ではないけれども、かなりの部分で庶民が創りあげることができる情報の質が変わってきているのだ。国会議事堂の前の反原発のデモなんかは、NHKのニュースうぉっち9なんかでは絶対に取り上げられないで抹殺されている。その一方で、宮沢SM大臣なんか、一夜のうちにネットに広まって。宮沢といえばSMだということにすらなっている。国会の答弁が楽しみだ議長がよぶ時に
 「宮沢SM大臣」とうっかり言ってしまうのを楽しみにしている、生中継だからね国会も。
by qpqp1999 | 2014-10-24 18:25 | 芸能

SM大臣

 今日はせっかく やぐちまり さんの事を書こうと思っていたのに、それより面白いネタが出てきたので、書かざるをえません。やぐちねたに期待していた皆、すいまーーーん!!!
 何しろグーグルとかでSM 大臣 で検索してみるといい。
SM大臣ですよ!?!?!?!?
 宮沢経済産業大臣、就任したばっかの大臣がヒットするんだむー!!!
なんでも、政治活動費をこのSMクラブ、簡単に言うと、SMの体験が出来る、素人だと下手すると死んでしまう、ロープワークとか安心してできるSMサービスしてくれるバーです。これに一万八千三百八十円を交際費として出資していたというのが問題になっている。
 これね、差別ですよ。本人は、「私は行ってない」と言い張る。行ったっていいじゃないか。それがSMで何が悪いんだ。政治上の交際のためにSMバーが選ばれるなんて、民主的な事この上ないじゃないか。そこが、今回の一番のツッコミどころなんですよ。
 SMのどこが悪い!!!
一層の事、「私はドMでして、また、相手方がドSでして、政治の話しあいにちょうどよかったのです。」と
何で言わないんだむー!!!

 これはね、日本全国のSMバーに対するホロコーストの一端ですよ!!!居酒屋だったら支出してよくて、SMバーだたらやばい。なんて言い草はとんでもない差別発言にほかならない。日本全国のSMを愛好している人々に対する差別事象だということに何故誰も気づかないんだむー!?!?!?
 だから、本当は やぐちまり さんの事について書きたいけど、今日はこれについて書かざるを得なかった、ですので、 やぐちまり さん ネタは明日をお楽しみにむー
by qpqp1999 | 2014-10-23 18:54 | 政治

やぐちまり

 もとモーニング娘のやぐちまりさんが、不倫で、離婚して、ありとあらゆる番組、CMも降板になってしまってずいぶんたつのだが、明日テレビに生出演するんだってむー!!!
 勿論、録画の準備も満タン、万端だ・・・。
それにしても、いつからこの人は31歳になったんだむー???
私の世界ではまだ十代、二十代での彼女でしかなかったのだが。世の中って進むと怖いことだらけだ。
by qpqp1999 | 2014-10-22 18:46 | アイドル