牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

<   2014年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

アマゾン

 とうとう、この一カ月の間、一回たりともアマゾンで買い物しなかったんだむー!!!
私の人生において、これは劇的な一月だといえるだろう。なんていうんですか、あのアマゾンの熱帯雨林の・・・ではなくて、インターネットショッピングのワンクリック機能って、悪魔ですよね・・・。
 ああ、もう押してしまえ!!!
というような脅迫観念に迫られて、ついつい押してしまうあれだ。クレジットカードの決済日にはえらいことになる。預貯金が有り余っている人にはとても良いシステムだが、預貯金がギリギリの人間にとって、あれほど恐ろしいシステムは無い。
 どうかすると酔っぱらって、次の日見たら、
クリックしてしもたがなー!!!
 とか、ある日、全然身に覚えも無いのにアマゾンから荷物がくる。
だー!!!一年くらい前に予約注文していたやつで万円を超えるやつぢゃないかむー!!!
 という事もあるので、油断大敵だ・・・。それにしても、いつからアマゾンは私の敵になったんだむー!?!?!?
by qpqp1999 | 2014-08-31 18:32 | インターネット
聖霊降臨後第12主日 礼拝説教 マタイ福音書12章22~33節
 波風にあおられて沈没しそうな船のモチーフは二種類ある。一つはイエス・キリストが一緒にのっていて寝てたというので、もうひとつが今日のイエス・キリストが水の上を歩いて、やってくるというものだ。
 「イエスは弟子たちをしいて船に乗せ、向こう岸へ先にいかせた」という部分は興味深い。「強いて」はἠνάγκασενエネーンカセンで「必要とする」という意味もある言葉だ。「強いて」と「必要とする」がリンクして読むと、どこかしっくりくる。そうでないと、まるでイエス・キリストが弟子たちに意地悪するつもりで、「強いて船に乗せ、向こう岸に先にいかせた」と勘違いしないでもない。
 実のところ、私たちの世の中の現状を見る時、神様というのは意地悪だと思ってしまうような事がたくさんある。壮絶な戦争している地域で犠牲になる子供たちを見る時、はたして神様というのはいるのだろうか、とすら思ってしまう。どうかすると、いないという前提のもとで神という存在をイエス・キリストの上で信じるというような信仰の人もいる。
 上述のような悲惨な事態を知ると、もはや、どのような言葉も考え方も何のたしにもならない。あるのは、現実だけだ。では聖書はそのようにして、きっぱりと私たちを切り捨てにしているのだろうかということに着目したい。
 面白い福音書の情景がある。福音書が書かれた時代では既にイエス・キリストは神格化されていた。それにも関らず、それぞれの記者たちは、イエス・キリストが祈るという場面を書いている。今日の個所がまさにそれだ。「祈るために一人山にお登りになった。」だ。時系列でいくと、イエスは一人で山で祈る。その間に弟子たちは船に乗せられ、えらい目に遭っていることになる。
 つまり、祈るイエスと困難に苦しむ弟子たちというモチーフがここに表現されている訳だ。この祈るという行為がまた、この物語で重要なキーワードになってくる。祈ってみればわかるが、どんなに祈ったって、人は空を飛ぶことは出来ない。同様に、どんなに祈っても、駄目な時は駄目だという現実がある。それでも、私たちは祈る。何故なら、その祈りに主が関わられることを知っている、感じているからだ。だから、駄目だとわかっていても祈らざるを得なくなる。あの悲惨な戦争の犠牲になった子供たちを思う時、私たちはまず最初に祈ることからしかはじめる事しかできなくなる。そして、その祈るという行為が何等かのアクションに繋がって、現実の問題と向き合い、取り組むという作業に変わっていく。それを理解する時に、やっと神であるはずのイエス・キリストが祈るということの理解に近づくことになる。イエス・キリストが祈る時、それは主の御業がなされることを感じている。私たちは祈る時「イエス・キリストの名によって」としめくくるが、これはイエス・キリストと合体してという意味だ。つまり、イエス・キリストの祈りがこの名の故に祈る時、同時に反映されるということなのだ。
 そこで、弟子たちというと、「逆風のために波に悩まされていた」のだった。言わんことではない。「強いて」乗せられて、出発させられたのが、このざまという状況だ。
 ペトロをはじめとして、船を操るプロの漁師の弟子が何人もいたが、それでもこの「逆風」と「波」の前にはなすすべがない状態だと書かれている。しかも、もう後戻りができないのだった。「何スタディオンか離れており」とあるがこれは「何百メートル」という意味だ。思ったより岸に近いと感じるかもしれないが、何百メートルというのはほとんど岸が見えない地点を指す。
 「強いられて」出たのに、「逆風」に「波」だ。弟子たちにしてみれば、どうしてくれるんだという状況だ。ここで、明らかになるのはイエス・キリストはこの状況にわざわざ弟子たちを追いこんだということだ。だからこそ「強いて」船出させたのだ。はじめから、織り込み済みの事態だったのだ。ただ、それを弟子たちは理解していなかっただけのことだ。まさか、イエス・キリストがこんな「逆風」と「波」の中に放り出すとは弟子たちも思っていなかっただろう。ここに、リアリティーが強まってくる。
 私たちもまた、この弟子たちと同じ状況だ。生きて行く上での「逆風」と「波」到底コントロール不可能な時点に置かれて、四苦八苦する状況だ。それもまた「強いて」その状況に追い込まれたと言っても過言ではないだろう。
 ここで、やっとマタイ書はそのメッセージを放つ。「夜が明ける頃」だから、弟子たちは真っ暗な中でなんとか沈没しないでいるのが精いっぱいという極限状況に置かれていた。そこにあるのは「不安」「不信」「絶望感」である。つまり、マタイが言いたいのは、人は強いて、この状況に陥らなければ、福音に接触できないと語っているのだ。順風満帆の人の在り方では、おおよそ福音からは遠いところにあり、また、福音に接触するのは難しいということだ。
 まさに夜明けにイエス・キリストがやってくる。しかも水の上を歩いてだ。別に空を飛んできてもいいのだろうが、わざわざ水の上を歩いてやってくる。弟子たちは「幽霊だと言って、おびえ恐怖のあまり叫び声を上げた」とある。尤もだ。対するイエスの言葉は「安心しなさい私だ恐れることはない」の「安心しなさい」はθαρσεῖτεサルセーテで、「勇気を出せ」という意味でもある。あるいは「しっかりしろ」とかいう意味である。新共同訳の「安心しなさい」ではかなり受け身の発言だが、そうではない。もっと能動的に、イエス・キリストは水の上を歩いてでも、逆風に困っている私たちのそばに来て下さるという信頼の内に、今あるその逆風に対して勇気をもって対せよということなのだ。
ペトロが言う。「主よあなたでしたら、私に命令して水の上を歩いてそちらにいかせて下さい」対してイエスは「来なさい」とあっけなく言う。そしてペトロは水の上を歩いたのだった。「しかし強い風に気づいて怖くなり、沈み」出したのだった。ここにもまた、マタイ書のトリックがある。確かにペトロは歩きはじめたのに、途中で現実に向き合うと怖くなったという。そこで、イエスは言う「信仰の薄い者よ何故疑ったのか」この「信仰の薄い」というのが問題な訳だ。ὀλιγόπιστεオリガーピステーは「信頼が足りない」で「信仰」にあたる言葉は聖書に無い。水の上を歩いてでも着て下さる主に私たちはあらゆる問題をものともせず、信頼する恵みが語られているのである。
by qpqp1999 | 2014-08-30 20:00 | キリスト教

牧師

 昨日ははるばる福島から松阪まで訪ねて下さった、竹迫之先生とじっくりとお話ができて、とてもためになった。
 お会いして、
 あっ!!!
 と思ったのが、私も竹迫先生も同じくウエストポーチを装着していて、そのウエストポーチのデコップリはお互いに半端ではなかったのにびっくりしたものだ。一体腰に、何をそんなにぶら下げているのかと、私なんかは言われることがままあるのだが、きっと竹迫先生も言われたことあるんぢゃないかと思うんだむー。
 先ずは松阪駅でブルーズモービルでお迎えして(赤いシャツに麦わら帽にサングラス、一目でわかった。)、牧師館でワインで乾杯だ。同じシャルドネでもピンからキリまであるのだが、今回は安酒のシャルドネで申し訳なかった。背丈もあるしカッコいい先生だ。牧師館のリビングはギターだらけなのだが、竹迫先生が真っ先に目をつけてくださったのが、ESPのヒートホークギターだ。←ダンカンのハンバッカーに改造してある。 しかも、今から十数年前に私が講談社の週刊モーニングで連載していたLOVE PLANETの読者でいらっしゃった。
 私がAPPLEのクアドラを買って、一気にCGに画風を変えたのにも、気付いていておられた、
「なんか、ある回から急にスクリーントーンを一杯使うようになったなあ」
 とよく覚えていてくださった。漫画家としては、こんなに嬉しいことは無い。
 あっという間に時間は過ぎて、予約を入れている松阪肉ならここだ!!!という「一升瓶」に行く。画像はその時のものだむー。
b0130652_2241740.jpg

 私の牧師館の一番の地の利は、一升瓶に歩いていける所にあり、その隣にビジネスホテルもあるという事だ。
 キリスト教の話し、カルトの自称キリスト教のあくどい奴らの話し、護身術の話し←この先生は背丈もあるし、体格もいいから、そうは簡単に仕留められないと思うのだが、カルトの連中は何人もで襲いかかってくるので、護身術は身につけておかねばならないというのはよく解るし、私の場合だと暴力団関係者とケンカしたりしているので、やはり護身術については話に華がさいたものだ。
 もちろんキリスト教の話しでは、とてもディープな所まで話が及んだ。セックスがどうのこうのまで・・・。しまいには、ちょっとこのブログでは書けないような凄いところまで話をした。あっと言う間に時間はすぎて、ラストオーダーが来た。
 通算で3時から呑み始めて、ラストオーダーの時点で次の一杯まで頼んでおいたので、11時半すぎまで居座って呑んだ。よく観たら、お店の中は先生と私しかいない状況になっていた。久しぶりに楽しい時間をいただいて、恵まれた。
 お土産にスコッチをいただいた。言われてみるとスコッチは今まであまり呑んだ事が無い。このブログを書き終えてから呑むつもりだ。楽しみだなら~
 それにしても、牧師どうしさしで呑み喰いして語るのは、やはり楽しい。牧師でないと解らない、生活事情とかあるので、よけいだ。これも牧師道の一つだなら~
 
by qpqp1999 | 2014-08-29 22:22 | キリスト教

牧師

 今日はよく呑んだ。午後三時からワインをやり、午後4時過ぎには焼肉屋一升瓶←松阪で手軽に松阪肉を食べるならここだ!!! で11時半まで呑んだ。
 一緒に呑んでくれたのは日本基督教団の〇〇〇〇先生で、楽しく呑み、喰いした。話はかなりディープなところまでいってためになった。
 画像は追って出すつもりだが、これだけしこたま呑んだものだから、正しい、ブログの書き方がよくわからなくなってしまっているんだむー!!!
 それにしても美味い酒だったし、松阪牛だった。
〇〇〇〇先生サンクスむー!!!
↑すいまん、多くの読者は何のことだかさっぱり解らないブログになってしまって申し訳いない。とりあえず、更新しなければとの一心で書いたものだむー。
 明日からは通常ブログに戻ります。なにしろ、頭がアルコールに浸りきっているので、迂闊なことは書かないという一心で書いたものだむー・・・。
 みんな、すいまん!!!


 
by qpqp1999 | 2014-08-29 00:30 | キリスト教

ガイドライン

 日本の性同一性障碍の診断のガイドラインに????と思う点が大きく一つある。それは、所謂「ニューハーフ」としてショーパブとかで働いていた経験があると、男性であることを前提に女性のようにして、それを売り物にして、所得を得るのは性同一性障碍たりえないという診断がなされて、性同一性障碍の診断もらえないという実情だ。
 しかし、よく考えて見てもらいたい。性同一性障碍の場合、外見がすごく問題になってくる。体の改造もそうなってくる。もし、MtFの場合だとおそらくFtMより困難だと思われるのがその見た目だ。女装して生活しようと思ったら、並大抵のことではまかり通らない。整形手術したり、豊胸手術したり、運が良ければホルモン治療したりする訳だ。最後の一点については、これによって男性生殖器機能は抹消されることが目標になるのであって、外観にはあまり影響がないことは挙げておこう。
 そこまで、やっているのに、ニューハーフのショーパブで働いていたというだけで、性同一性障碍のガイドラインから外れてしまって、診断もらえないのだ。これは、恐ろしい、医療側の暴力だ。
 実際、女装し、体も変えて、この日本で生きて行こうとしたら、どういう手段があるだろうか。若い人ほど、人気があるし、需要もあるので、追い詰められて、ニューハーフのショーパブで働かざるを得ないという現実を、日本の精神科医療は全く理解していないことは追及しておこう。
 私の場合。ニューハーフとしてホステスの仕事はしたことが無い。だが、女性ホステスとしてクラブのホステスをしていた事がある。やってみて解ったのだが、ホステスという仕事は伊達に水商売ではない。高いお金払って、お酒呑みに誰がくると言うことだ。そりゃあ、王様みたいに威張りたいから来るのだし、その要求を満たさなければ、ならない。実は、ホステスと言うのはものすごく頭を使う仕事なのだ。
 松阪では老舗の「泥棒貴族まり子姫」という店で私は女性職員として働いていた。そこに至る経緯はいづれ書こうと思うが、話しがかなりシビアな問題になるので、今回は書かないでおくことにする。
 普通のクラブと違って、バーカウンターは無く、豪華な長いテーブルとそれを囲む椅子で接客することが出来るお店だった。それは、店主のママが、立ち仕事にウンザリして、ホステスも座って仕事ができるように、しつらえたもので、実はこれがお客にはウケていた。同じ目線で接客してくれるとうのが、一番の特色だ。普通のバーとかに行ってみると解るがホステスは立っていて、お客さんは座っている、言わば上から見下ろされている状況になっている。その点を見事に改善していた。
 それにしても、お客様のお酒をいただいて、呑んで、尚且つ、物凄く四方八方に気を効かせながらの仕事だ。たとえば、お客様が懐から煙草を取り出したその瞬間を見逃さず、ライターを点火して差し出す。とか、お客さまの水割りがどのタイミングでおかわりしなければならないかとか、ボトルや瓶をあけたお客さまに、どのタイミングで気分よく新しいボトルを入れてもらうか、新しい瓶を開けてもらうかも算段しなければならない訳だ。乾杯のグラスの位置なんて常識レベルだ。同時進行で濃厚なサービスを提供しなければならない。物凄い、サバイバルな仕事だ。
 私はたまたま、いい、職員に恵まれたので、仲良くしてもらったし、良くもしてもらった。いい人ばかりだった。しかし、夜9時出勤で朝5時まで勤務はさすがにきつかった。漫画の仕事も同時進行、相当な事だ・・・。寝てる暇が全くなかったという状況だった。
 まだまだ、この仕事についての話しはつきないが、今日はこの辺で。
 しめくくりに言いますが、私はたまたま女性職員として働いていたからよかったようなものの、これが、ニューハーフという立場の職員だったら、性同一性障碍の診断もらえないわけだ。誰が好き好んで、ニューハーフという立場に行くでしょうか。ニューハーフの水商売は普通の水商売よりも格段にキツイものだということは意外に知られていない。私はスカウトされた事があるので知っているが、老舗の店だと上下関係が高校生の野球部か!?!?というくらいある。そんな中で懸命に生きている彼女たちを差別するこの日本のガイドラインは間違っている。そうしなければ、生きていけないから、そうしているだけだ。この辺は日本は見直さなければ、セクシュアルマイノリティー後進国に益益なっていくことだろう。
by qpqp1999 | 2014-08-27 20:45 | 性同一性しょうがい
 ウサマ・ピン・ラーディン、ラーディンの息子という意味の名前だ。この人は大富豪の家に産まれて、遊んで暮らしていればよかったのに、どーゆー訳かアフガニスタンにソ連侵攻の時、米合衆国と手を組んで戦争して、撃退した人だ。お金は腐るほど持っていたのに、この人は、どーゆー訳か、アフガニスタンにアメリカがソ連の変わりに侵攻してきたのにムカついてアルカイーダの長になり、その潤沢な資金で、人を雇い、武器を買い、テロをした。それが、ニューヨークの信じられないあのテロだ・・・。ちょうどその日、私は結婚式場の結婚式のギャラだけで、月に50万円は稼いでいたので、次の日式が無い日は夜遅くまでテレビ観ていた。そしたら、あのテロが起きた・・・。
 それから10年以上追い掛けて、米国はついに、パキスタンに潜伏しているウサマ・ヴィン・ラーディンを暗殺した。
暗殺ですよ!?!?!?
裁判にかけられてもいないし、逮捕すらされていない!!!
そりゃ、そうだ。裁判にでもなったらアメリカにとって困ることを彼はたくさん言うから、殺すしか手段が無かったのだ!!!

 でもね、これ卑怯なんですよ。ウサマはアメリカと実はお金で繋がってもいたんです。なので、それ言われたら、あの恐ろしいテロもアメリカ合衆国もグルだったのではないかと糾弾される、嫌な展開が待っていた。だから、殺したんです。仮にも、他国(パキスタン)の領空を侵犯して、戦闘機を飛ばし、スクランブルかけてきたパキスタン軍機に攻撃すると脅し、アパッチ戦闘ヘリもスタンバイして、ウサマ独りのために20人以上の米海兵隊が命がけで、あっ軍犬も・・・殺しに行ったんですよ。
 そろそろ時効でしょうということで色々映画化されて、最初のが「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督の「0ダークサーティ」でこれはよく出来た映画だった。3回くらい観た。そこで今日ツタヤで借りて観たのが、「ネイビーシールズ・チーム6」だった。フレコミは「あのハートロッカーの・・・」と書いてあったから観たんだけど、上手い事だまされた。全然違うクルーが撮った映画でした。果たして内容はというと、0ダークサーティをちょっとマネしただけの下らないものだった。肝心のウサマの隠れ家のパソコンのハードディスクとか持って行くシーンは無いし、しまいにはオバマ大統領まで出演してきて、ウサマ・ヴィン・ラーディン暗殺を正当化している映画になっていたんだむー。
 だけど、評価すべきは、このウサマの居所を特定するために一所懸命がんばった人たち(血筋、見た目が中東 地元系)が、最後にはパキスタン政府に逮捕され、死刑になってしまうという事実を世に知らしめたことだろう。そして、ウサマを殺したネイビーシールズの隊員たちの中にはその後もアルカイーダ組織との地下的な戦闘で犠牲になった人もいると訴えている事だろうか。
 どちらにしても、後味の悪い映画だった。多分、「0ダークサーティ」の評判を追い落とすか、かき乱すかする米国の陰謀ではないかと疑ってしまうくらい、低予算、低価格の映画だった。一仕事終えた後のおやつにはちょうどよかったけれど、ウサマもオバマも似たり寄ったりだ・・・。
by qpqp1999 | 2014-08-26 19:59 | 政治

絵コンテ

 私は宮崎駿さんの大ファンだ。それは初代ルパン三世のアニメ、緑ジャケットのルパンに遡る。実はこの時点で、宮崎駿さんはオープニングにもエンドクレジットに名が出ていなかった。作画監督が大塚さんという人だったので、結果、当時小学生だった私はこの大塚さんを追ってアニメを観ることになる。モンキーパンチ←本人も売れないだろうと思って適当につけたペンネームだそうだ を追って、H満載の今では小学生では買えない漫画に手を出して色々と意味が解らなかったもものだ。
 そこで、アニメーション映画造るのに欠かせないのが絵コンテというものだ。私は、宮崎駿さんの絵コンテ、ジヴリのものはもちろん、それ以外のものも持っている。中でも注目なのが、「ルパン三世2」←赤ジャケットの一番ヒットしたテレビシリーズの中で、当時、喰いあぐねていた宮崎駿さんに話が来た、「アルバトロスの翼」と最終回の「さらば愛しきルパン」は、何度読んでも、灌漑深いものだ。
 今では当たり前で、今では基本CGで描かれるミサイルのギュンギュン飛んでくる導線、実は一番最初に、宮崎駿さんがルパン2の「アルバトロスの翼」でやったのだった。「超時空要塞マクロス」とかのミサイルの導線はそれに影響を受けて描かれたもので、元祖は実は宮崎駿さんなのだ。
 そこで、そのミサイルのシーンの絵コンテを観ると、
よく、アニメーターがこれを理解して、動画にしたもんだなあ
と驚くばかりだった。つまり、かなり適当な指示しかなされでおらず、こんなんではどうやって、ミサイルの導線を描いて良いかよく解らないようなものだった。その点では当時のアニメーターの現場のセンスを絶賛するものだむー。
 宮崎駿さんも悔しかったらしくてクレジットネームで照樹務名義で出ている。でも観ているファンには一目瞭然だった。実はこれ、最終回のさらば愛しきルパンも同様に、視聴者からは熱狂的な支持を受けたのだが、ルパンが定番の赤ジャケットをほとんど着ていないのを利用に日テレから没殺されようとした経緯すらもっているものなんだむー。
 高校野球を引き合いに出すのもなんだけれども、今日の大阪とおいんが快勝したように、勝つ者は勝つべくして勝つのだということを、この絵コンテ集は語っている。当時の状態では考えられない事だ。だから、私たちも現状の見通しの悪さに迷うことなく、勝つべくして勝つ道を得たいと思うのだ。
by qpqp1999 | 2014-08-25 19:33 | 映画

高校野球

 私は三重県の松阪市に住んでいるのだが、高校野球で地元の三重高が今日、準決勝に5対0で圧勝して、とうとう決勝に行ってしまった。松阪の人たちは、みんな喜んでいる。なにしろ、いままで、甲子園に出れたらそれでいいや、と言う感じで、実際、一回戦勝てればいい方だったからだ。
 それが、どういうワケか打ちまくって勝ちまくってとうとう決勝まできてしまったんだむー。これ、三重高の歴史で初だそうなので、よくここまでやったという感じだ。
 今日は礼拝を終えてから漫画描きながら、高校野球の第二試合を観ていた。一回の表でなんとかっていう←もう名前わすれた 高校が5点も入れた。そしたら大阪とういん高校←なんていう漢字かよく解らない。 があっというまに逆転して、その後はお互いにホームランは出るし、打ちまくるし、凄い試合だった。私の祖父に似た監督がその大阪とういんの人だったので、なんとなく最初に5点も取られたそのチームに応援する気分になった。
 だけど、こんな凄いチームを相手に三重高は勝てるのか!?!?!?ちょっと無理だなあと思った。すいません、三重高を信じている人たち・・・。なんでも、今日、勝ってしまったので、さらに大ぜいの松阪の人は6時に集合してパスで応援に行くらしい・・・。頑張ってください。かげながら、応援しています。
 私の祖父は六大学野球の選手で社会人野球の選手、監督もしていたので、私にも、その遺伝子が四分の一入っているせいか、私は小学生の時は三年までソフトボール部だったし、中学になっても、高校になっても野球はしていた。高校なんて九州学院ですから、甲子園にしょっちゅう行くくらい強いんです。それも、そのはずで、野球部関係者が他県まで行って、実力のありそうな選手を中学生の段階からスカウトしてきて、特待生で入学させて、野球部組織してるんだから、そりゃあ強いわけです。
 で、他県の生徒なので当然寮に入る。私も寮に入ってた。寮では学校のプールもグラウンドも自由に使っていたので、私は嫌でも散々野球やらされたものだ。
 ある時、漫画しか能の無いオタクだと思われていた私をわざわざキャッチャーにして、野球部の剛腕ピッチャーが思いっきり投げてくる。という、言わばいじめにあったことがあるが、
さすがに、祖父の遺伝子は生きていたらしくて、それらのボールを私はことごとく盗った。野球部の先輩は頭にきて、どんどん凄い玉を投げてきたが、私は一球も漏らさずとった。

先輩は唖然としながらすごく悔しそうだった。ざまあみろと思った・。きっと、その先輩はショックを受けて、投球練習により熱心になった事だろう。ちなみに、私の在学中は九州学院は甲子園に行くことは無かった。
by qpqp1999 | 2014-08-24 17:59 | アスリート
 アメージングスパイダーマン2が劇場で上映されていた時、私は既に、3Dテレビ持っていたので、3Dコンテンツが出たら買うことにしていた。そしたら昨日届いたので、見て見たんですけど、凄い飛び出し方で、やはり3Dコンテンツ違うなあと思いました。内容は、ちょっとシャレにならない点もありましたが、星四つです。
 いつも、映画のDVD観る度に思うのですが、一番最初に警告が出てきますよね。
この商品は、〇〇が家庭での視聴を目的に発売するものです。この映像コンテンツお呼びパッケージに関して・・・許可なく上記以外の使用( レンタル、上映、放送、その他いっぱい)をすることは法律で固く禁じられています。
 ってしょっぱなから脅しをかけてくるし、ここは早送りできないようになっている。そこまでは、解るんですよ。そりゃあ、著作権の問題ですから、簡単にコピーされて、バンバン出回ってしまってはコンテンツ提供会社も困るし、真面目にこうやって、コンテンツ買っている私でも困るワケです。ところが、つい数年前から、その次に早送り出来る変な注意書きが目立つようになってきた。
 「製作者、監督、俳優のインタビューおよび解説が収録されています。その内容は各発言者が個人的な見解を示したものであり、〇〇←販売している会社 ならびにその関係者の立場を代表するものではありません。
 って内容の著作権についてはあれだけうるさいくせに、内容の内容については知りませんと言っている訳だ。これってどうなんですか!?!?!?なんか、表現に問題があった場合は責任とらなくて、製作者や監督、俳優に罪をかぶせるという・・・

 こういう姿勢は止めた方がいいと思うんだむー。観てる私も気分悪いし、実際、内容が気分悪いものだった場合、その著作権持っている〇〇は責任とらないと言っているんですよ。それは、ないだろう・・・。その点、漫画雑誌は健全ですね。エロ漫画とか、これはもう猥褻物陳列罪に相当するようなことまで描く作家さんがいるのに、編集と出版社はその責任を負って出版しているんですから、大した度胸だし、誠実さだ。
 そういう意味では日本の様々なエンターテイメントコンテンツの中で世界に胸を張って出せるものってやっぱり漫画なんじゃないかと思うんだむー。
 さあ、頑張って描こう。
by qpqp1999 | 2014-08-23 19:38 | 映画

絵コンテ

 私が小学生の時に萌えに萌えたのが、スティーブン・スピルバーグ監督の
「ジョーズ」だったんだむー!!!
 当時、貧しい牧師家庭で、映画なんか、行かせてもらえなかったが、泣いて頼んで、観に行く事が出来た。当時は、一回みたら入れ替わりとかいうのが無かったので、続けて、二回観た。子供心にもこんなに面白い映画は無いと思った。少ないというか、全く無い、お小遣いの中からパンフレットを買った。若き日のスティーブン・スピルバーグがカッコよく、電話受け取っている画像があった。そのパンフレットには、スティーブン・スピルバーグの絵コンテも載っていた。
 はっき言って子供心にも
へったくそな絵だ
 と思ったものだむー。スティーブン・すピルバーグが言うには「映画監督になっていなければ、漫画家になっていた」と言うのだが、あんなヘッタクソな絵では少なくとも日本では絶対、漫画家になれないんだむー!!!それくらい、日本の漫画の画質のクオリティーは高い。芸術度を評価される海外の漫画があるし、それはそれなりにいいと思うのだけれど、日本の漫画雑誌で本番でやろうとしたら、海外の作家みたいな悠長なことは言ってられない。
 締め切りと画質のクオリティーの競争になる。いかに、早く、画質を高くして描くことができるかが問われてくるのだ。週刊で16頁の計算だと三日でそれをなしとげなけれぱならない。「ラキスタ」みたいなふざけた絵だったらそれは可能だが、「バガボンド」みたいなクオリティーの高い絵だったら独りぢゃ絶対無理だ。事実、優秀なプロのアシスタントがついている。←このアシスタント様はそこらへんの漫画家より絵が上手い。
 そこで、思う。私が漫画家になっていなければ、何になっていたか。スティーブン・スピルパーグ様を借りて言おう、映画監督だむー!!!←すいません。すいません。すいません。
by qpqp1999 | 2014-08-22 19:53 | 漫画