牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

<   2014年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

主の昇天主日礼拝説教 ルカ福音書24章44~53節
 私は牧師家庭に育ち、実直な父親の教えに、ほとんど洗脳といってもいいような状態で主イエス・キリストを信じるようになった。聖書に書いてある事は皆全部、歴史的に本当のことだと信じ切っていた。それでも、尚、疑問に感じていたのは、まさに主イエス・キリストの昇天という事態だ。
 何しろ、地球は丸い事くらいは知っていたし、空の向こうは宇宙だというくらいは知っていたので、この地上から引き上げられたイエス・キリストはどこへ行ったのか実直に不思議に思っていたし、現象として何がどう起こったのか理解できなかったものだ。
 実際のところ、この主イエス・キリストの昇天という現象はルカ福音書にしか無い。他の福音書には、イエスが天に引き上げられたという記事は一切ないのだ。つまり、福音書記者ルカの独自の資料であり、また、このエピソードは使徒言行録とつながる部分として、大きな意味を持っている。
 その半面、やはり天に昇って行くというのは、現実問題としてどうなのかと議論するのは空しいばかりで、紀元1世紀の頃の人のルカの感覚として、空は天国みたいなところに通じていると思って、そう書いたのだと、素直に受け入れるのも一つだと考える。
 現代でも人が亡くなったら、天に召される、とかいう表現をするように、ルカもまた、主イエス・キリストが天に昇られたと書いたのだ。そして、この現象は弟子たちとの別れではなく、使徒言行録で弟子たちが活き活きと主イエス・キリストを帯びてその道を進むことのプロローグであり尚且つ福音書のエピローグであるととらえると、昇天という現象がよく理解できると考える。
 プロローグである以上、これは私たちの生活にとってもプロローグであると信じて、聖書に向き合うことに意味を見出して行きたい。
 今日の昇天物語の前を観ると感慨深いのだが、復活のイエス・キリストが弟子たちの前に出現し、お化けだと思って、恐れた弟子たちの前で魚を食べてみせたというエピソードがある。魚を食べたからお化けではないというのも、なんか幼稚なように思えなくもないが、ルカは大まじめで独自の資料を用いて書いている。つまり、紀元1世紀末のイエスの伝承にはこういうものがあったということだ。
 今日の核心に至るために、予備知識として持っていたいものが、福音書の成り立ちである。福音書はまるまる全部、創作というわけではない。確かに、記者によって、その立場や方向性は異なってはいるが、基本的にその時点で得ている資料、つまりイエス・キリストの生涯についての何等かの伝承を編集して、書かれているということだ。
 そして、驚くべきことに、紀元70年以降から紀元1世紀末に書かれた、バラバラのものが等しく同じ方向性を持っているということである。それは、悲惨な十字架の中に輝く主の祝福という方向性である。あれこれ、四方八方に飛び散っている、それぞれの福音書なのに、何故か、この十字架と復活におけるベクトルは等しく同じ方向を向いているではないか。
 今でこそ十字架はネックレスになったりして、日本ではアクセサリーの一つとして、皆が喜んでつけているアイテムだ。どうかすると、カトリック教会の十字架みたいにイエス像まで作りこんであるのを喜んでアクセサリーにしている人も大勢いる。気持悪くないのだろうか。人を処刑するには、あまりにも残虐なこの悲劇を皆が喜んでアクセサリーにしているのだ。私はこれはいいことだと思う。
 キリスト教が保守勢力になった三世紀以降、この十字架は惨めな敗北の象徴ではなく、勝利の象徴になった。312年のローマ帝国の皇帝の座をかけた戦いで、コンスタンティヌス軍は軍旗にこの十字架を掲げた。それ以降、良い意味でも悪い意味でも十字架は勝利の象徴になった。後者の悪い意味は十字軍だ。たとえば、ナチス政権下のドイツの兵器を観ていただければ解るように戦車、戦闘機、爆撃機、それぞれに十字架が印されている。つまり、ナチス政権下のドイツは自らを十字軍として魅せようとしたのだ。そして、それはやはり勝利を求める者の象徴だったのだ。
 ここで、同じくナチス政権下のルター派の神学者ディートリッヒ・ボンヘッファーはまさに、ナチスドイツの武器に託された十字架ではなく、本来あるべき十字架に進み、そして、実際に十字架を背負い、処刑された。
 実はこの歴史的事実こそ、今日の聖書個所、イエスと弟子の別れのエピソードそのものを具現化している。それは復活の意味と、主の真実に立つ在り方である。
 イエス・キリストは聖書の成就として「次のように書いてある『メシアは苦しみをうけ、三日目に死者の中から復活する』」と示す。しかし、当時の聖書、つまり現代の旧約聖書のどこにそんな事が書いてあるだろうか。ここまで、ストレートにイエス・キリストのメシアとしての状況を書いた書簡は旧約聖書には無いのだ。確かに、犠牲の羊のような事は書いてあるが、「メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する」なんてどこにも書いてないではないか。であるから、その前のイエス・キリストの言葉は大切だ。
 「聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて」とある部分である。ルカは確かにイエスキリストの十字架の処刑と復活を旧約聖書の成就ととらえているが、ここの個所になったとたんに、もはや引用が不可能な言葉を繰り出した。そこで、「聖書を悟らせるために」という言葉がキーワードになってくる。「お釈迦様」でも悟るのに、えらく時間がかかったし、仏教では悟りを念仏に託すくらいに「悟る」というのは私たちにはハードルの高いものだ。まして、複雑な旧約聖書を悟るなんて途方もない事でしかない。しかし、主イエス・キリストはこれをただの一点に示した。「悟らせる」はσυνιέναιスゥネィエナイで、「一致させる」「同一にセットする」という意味である。つまり、弟子たちも、これから待ち受ける苦難に対して、主イエス・キリストがそうであったように、苦難の中に光を見出し、そこに福音、「悔い改め」を発現させるべきなのだという事が強調して書かれているのだ。
 真に聖書はその苦しみの中にある光の福音の一筋を天にあげられた主イエス・キリストの姿に見出すのであって、決して、おとぎ話でもなければ、作り話でもない。語られるべき真実なのである。
by qpqp1999 | 2014-05-31 18:54 | キリスト教

召命

 日本語って面白い。訳し方にもよるのだが、負かされるというのを英訳するとLeaveと訳す事ができる。と同時に日本語で託されるというのもLeaveと訳す事が出来る。
 もっと、もっと厳密に訳していくなら、そうでもないけど、単純に訳すとこうすることもできるし、通じるんだむー。
 負かされると言うと、なんか負けたような感じだが、託されるだと使命感とか湧いて来るものだ。こういう概念は言語学的にはどうなんだろう。
 日本で、「負かされた」と言う時、それは同時に「託された」と理解する場合が多い。つまり、「お負かし下さい」は「お負かしします」であり、同時に「お任せ下さい」は「お任せします」なのだ。
 その意味では私は多分、イエス様から負かされているんだと思う。負けたんだむー。一晩がかりで取っ組み合いをやって、イエス様に負けたんだむー。だから、こうやって牧師をやっているんです。こんな形の召命感って、あまり例をみないけど、実際そうなんだから仕方ない。
 私の両親は教団の保守層に負けたんです。そして、私は任されたんです。この教会を。そこで、私がこうして遣わされている教会の運営するデイサービスセンターの女子職員の作業用のポロシャツにネームが入っているのだが、「デイサービスセンター新生ルーテル」では文字が多すぎて入らないというので
「ルーテル」だけになってんねん。
 しかもこの「ルーテル」の真下に職員の名前が刺繍してある。これだと「ルーテル〇〇さん」みたいにしか読めないんだむー。「ああ、あなたは外国のハーフの人で、ルーテルさんって言うんですね」と言われても仕方ないような、どうかすると、売れない芸人にみたいな「ルーテル〇〇」みたいに読めてしまうんだむー。
 今日は年度の決算にあたり、会計士さんに色々処理していただいたのだが、私はこれから、この教会と事業所を背負っていかなけばならないんだむー。まさに負かされているし任されいるんだむー。
 漫画・・・描かないと・・・もう・・・歳が・・・むー
 結局、私は一晩中、イエス様と格闘して負けたんだむー!!!
by qpqp1999 | 2014-05-30 21:03 | 性同一性しょうがい

んまい

 日本基督教団出版局の「礼拝と音楽」誌での聖餐式のカット絵を描いていたら、母親が覗き込んで、
「へええ、上手いなあ」
 と言う。
「次郎の絵はどこか落書きみたいやけど、あんたのは精密に描くなあ」←母が言ったので、私の見解ではない。
 確かに、弟の絵はラフなタッチ画だが、書き込み具合は相当なもので、アシスタント雇いたくても、絵柄に一致できないから大変だと私は思っている。
 私は漫画家としては落ちこぼれですが、ちゃんとプロですから・・・。これでも「ちばてつや賞作家」ですから・・・。
それにしてもカット画掻いてて思ったんだけど、絵を描くというのは、漫画でラキスタみたいなのでなければ、大変だなあと思った。漫画描いていたら、あっという間に何時間も経ってしまう。
 習慣ペースの連載になったら、絶対アシスタントいるし、私の場合、フルデジタルだから、なかなか人材確保は難しいだろうなと思ったんだむー。
 ペンタブレット値段高い・・・。フォトショップも高い・・・。何より健康を保つのが大変だ。漫画家だと厚生年金とかもらえないけど、私は牧師で謝儀をもらっているし、デイサービスでもお給料をもらっているので、厚生年金が65歳過ぎたらもらえるんだむー。その頃には全てのローンが終わっているので、楽しみにしているんだむー。
 とか、言っている私に限って64歳で死ぬんだろうなあ・・・溜息むー
by qpqp1999 | 2014-05-29 19:40 | 漫画

神学大学

 今日、天国、来世ってのはあるんですかねえ・・・という話しをデイサービスのマッサージ師先生とご利用者と道中で話していた。
 まあ、死んだら、それで土に帰る、そんなとこですかねえ・・・という話しになった。だって、もし、天国があって聖書のイエス・キリストが言うように「天使のような」存在になって、永遠に主を賛美し続けるのも、面倒だと思う。もし、天国というところがあるのなら、永遠に無料で、朝昼夜関係なく生中ぐいぐい呑んで、焼肉にしたり、インド料理にしたり、フランスのフルコースにしたり、その時の気分で肴にして、締めは熊本ラーメンにするというのを、未来永劫、呑みつづけられると言うのなら、しかも太らないというのなら
 天国ってあったらいいなあ・・・と思うんだむー。ジョン・レノンの逆ですね、イマジン、There is Heaven. というのをキボンヌだ。
 その一方で、それこそイエス・キリストがたとえで言っているように地獄(火の池らしい)みたいのがあったら、絶対そんな所に行きたくないし、そんな火の中で永遠に生きて苦しまねばならないのだったら、多少、面倒くさいけど、天使のようになって、主を賛美している方がいいと
 笑い話にしていたんだむー・・・
 バチ当たりそうなので、真面目にそれから話しはしましたけど。実際のところ、来世の概念っていうのは、紀元前100年くらいから、ヘレニズムの影響を受けて、導入されたというのが、エヴァンゲリオンで言われている死海文書の尤もヒットな発見だった。つまり、それまでは、ユダヤ教には、これと言った、来世観がなかったのだ。
 それはキリスト教にも影響し、おそらくエッセネ派的な修道生活をしていたであろうイエス・キリストがこの概念に触れないわけがない。だって、イエス・キリストが十字架で処刑されたのが三十歳くらいのことなんでしょう???当時のユダヤ社会で三十歳になってんのに結婚もしてないなんて異常なんですよ。
 もしかすると洗礼者ヨハネひきいる修道生活に参加していたかもしれない。実際ヨハネ福音書を除いて、他の三書はイエス・キリストは洗礼者ヨハネから洗礼を受けたと記事がある。ただし、最古福音書のマルコ書からマタイ、ルカに至る経緯で段々と「ヨハネから洗礼を受けました」というニュアンスは薄くなっていき、最新福音書のヨハネ書ではイエスはヨハネから洗礼受けたと一言も書いてないんだむー。
 と言う訳で、って・・・どういう訳や、と言う事ですが。来世があるなら、iMAXの上のそのまた上を行くような映画を観ながら、三食、眠らないでいいなら六食にくわえ、おやつも入れて、のうのうと永遠にお酒やグルメを満喫できるような世界だったらいいなあと思うんだった。
 お前、牧師だろう!!!はっきりせい!!!
と言われるなら、そう言う事、あなたの望む全てが天国で待っています。そのかわり、地獄に行ったら火の池地獄です。と言うしかないんだむー。
by qpqp1999 | 2014-05-28 19:28 | キリスト教

いんど

 ナンが食べたい、インドカレーが食べたい、しかもその時、生ビールも呑みたい。だけど飲酒運転は嫌だ!!!
 誰か、私をインド料理屋さんに連れて行ってくれむー!!!
くそー!!! いつから日本はこんなに厳しい飲酒運転取り締まり国になったんだむー!?!?!?
 二十年くらい前は生ビール呑んだくらいでは、免許取り消し、罰金六十万円なんてこと無かったぞ!!!
うわーん!!!

by qpqp1999 | 2014-05-27 19:52 | グルメ

おさかな

 私はバーボンとか呑む時、肴にまさに魚のシラスのゆでたのとか食べており、今、まさにそれを行いながら、このブログを書いているのですが、酒呑み者にしては、ネットとかで使うパソコンは右側にハーブティーとか置く台があって、通常そこにフィアットの茶卓にウイスキーのおちょこ、と、シラスとか置いてあって、そのすぐ後ろのピアノの上に水槽があって、
 ペットの熱帯魚のネオンテトラとか泳いでいるワケです・・・シラスもネオンテトラも同じ魚だし、姿も良く似ているサイズはシラスの方が小さいし色も違いますが、同じ魚であることには変わりはありません。
 なのに、何でネオンテトラを美味しそうに見えず、シラスは美味しそうに見えるんですかむー!?!?
実のところを言うと、ネオンテトラくらいの大きさくらいの小魚は食べるの気持ちわるくなっていて食べられないんだけど、お刺身とか大好きだし・・・
 人間って、つくづく身勝手で罪深いと思うんだむー
by qpqp1999 | 2014-05-27 18:07 | アルコール

地面

一体全体、いつから地球の地面は誰かのものになったんだむー!?!?
 私はキリスト教の牧師にしては珍しく、土地を持っている。だから、固定資産税も払わなきゃいけない。何その こ て い 資産税って・・・。どうやら私はその地球の地面の持ち主で、それから国は私の少ない収入から税金を巻き上げてくるんですよ。しかも、地下20メーター地上〇〇メートルまでが私の持っている地面であって、それ以外は日本国のものだというんだむー!!!地球規模でいったらものすごい小さな皮一枚の極々一部ですよ!!!
 地面でしょ!?!?そもそも、誰のものでもないでしょう!!!冒頭の言葉を繰り返しますが、一体いつから、地面は誰かのものになったんですか!?!?しかも現状では大抵は国のもので、たとえば日本と中国は尖閣諸島の領有権を子供のケンカみたいに取り合っている・・・。
 こんなんはもうファックUやねん!!!
もっとも、国もなにも無くて、マッドマックス2みたいな弱肉強食社会でモヒカンの怖い人たちが原油をめぐって、殺し合いをするという世の中に、なるのは嫌ですが。
 日本なんかは島国で、16世紀に戦国時代になって、土地の取り合いを武力でするようになって、太平の世になってから200年以上も戦争しなかったんだから、凄いよなあ、どこの国をとっても200年間も戦争も侵略も内戦も、しなかった国なんて、クンテ・キンタさん ←ここ笑ってください が住んでいたアフリカぐらいなんじゃないの!?!?
 実際歴史研究にはかなりハードルがあって、いつの間にか、集落とかなんとかを人の祖先が創りだして、それがやがて、村とか国になっていって、ここは俺の地面だー!!!と武力をもって言い出して、それに弱者がひれ伏し、しまいには税金とかいう、とんでもないものが発明されて、日本では年貢ですよね。
 とうとう、いつのまにか私たちは誰かが創った勝手な暴力にさらされて、今を生きねばならなくなっているんですよ。
 税金は払うのが正しい国民
なんて、すりこみ、いい加減止めて、国という暴力団から支配されて、みかじめ料を獲られているんだということに気付くべきなんだむー!!!
 

 
by qpqp1999 | 2014-05-26 17:08 | 政治

りかいされつつある

 私が性同一性障碍で、ホルモン治療も二十年近くしてきて、男性生殖器は全く機能しないし、どういう訳か、エロイコンテンツは気分悪くなるんだむー・・・、もちろん漫画のデッサンのためにエロい本は持ってないことないけど、中高生が親に掃除されて見つかるのを嫌がって、隠したりしない。スタジオの資料のところに
ドーン
置いたあんねん・・・。

 そこで、もう二十年くらいお付き合いのある礼拝のオルガニストの女性と話ししていて、私のブルーズモービルの話しに華を咲かせていたら、その女性は
 「後は、『彼女』を助手席に乗せなあかんなあ」
という・・・。
 もう夏ですし、頼りない乳であっても、明らかにあるものはあるんですよ。なのに、それが見えないらしい・・・。カっプサイズで言うならCカップくらいありますよ。ただ、骨格が外人なみにごついので、外国のブラをつけている
っちゅうのに、二十年も私と関わってきて、・・・
 いいです、もう、オカマで・・・というか、オカマとすら思われていない、ロン毛のミュージシャン牧師だと認識されているんだむー・・・
by qpqp1999 | 2014-05-25 19:38 | 性同一性しょうがい

自死

 自死、いわゆる「自殺」はキリスト教においては罪ではない。とはっきり言おう。勿論、自死「自殺」がいいものだと言う訳ではないが、自死「自殺」は決してキリスト教において罪ではないのだ。
 世の動向に対して、カトリック教会は自死「自殺」を罪と認めず、葬儀式もするようになった。
 私の親族にも自死「自殺」した方がおられるが、私は当時、まだ子供でそれが何であるか解らなかった。ある時、私は自死「自殺」を本気で考えて、実行しようとした。そこで、目にしたのは世の中が、なんと美しいことかというものだった。
 友達の牧師に自死「自殺」に至らぬよう祈ってもらった。祈ってもらっている、それだけで、とても心は癒されたし、感謝している。結局、自死「自殺」には至らなかった。本当に助かった。
 結局、とても親しい牧師とは、この「自死」「自殺」は罪ではないということで、議論が分かれて、結局、関係を絶った。一番の理由は私がボン・へッファーの自死についての洞察について語ったことにある。
 ルター派の傑出した神学者ディートリッヒ・ボンヘッファーの論説だ。この人はヒトラー暗殺に関わったとして死刑にされた。実際そうだった。しかし、彼の役目は他教派との連携と、ユダヤ人虐殺に抵抗するものだった。
 そこで紹介しよう。決して自死を勧めるものではないが、ディートリッヒ・ボンヘッファーは自死「自殺」について
 「失敗した人生のために自己成就した罪滅ぼし・・・人間的に無意味な人生に最後の人間的な意味を与える試み」としている。
 決して望ましいことではないが、自死は罪ではない。また罪に定めるのはキリスト教的には否定されるものだ。
by qpqp1999 | 2014-05-24 22:12 | キリスト教

ゴスペルちゅうし

 フェイスブックの友達にはゴスペルクワイア、伴奏はDJ、演奏は女性三和音というスタイルで、メッチャかっこイイ方がいる。そもそも、私の教会のゴスペルクワイアの基本が間違っていた・・・。ゴスペルが譜面から起こるのではなく、間違いなくスピリチュアルから起きるもので、そうであれば、ピアニストも指揮者もいらない、いるのは音と声だけだ。勿論、譜面もいらない。どかすると言葉もいらないかもしれない。
 そういうことで、たったの三人のボーカルとDJだけで、ゴスペルクワイアを見事に成し遂げているフェイスブックの友達にスタンディングオベーショんを送らないではいられないのだ。
 私の遣わされている教会では、あまりにも、そういった本来あるべきゴスペルクワイアからは遠のいていた。そもそも、信仰がない!!!
 もっと突っ込んで言うなら信仰の「あかし」として歌われるのならば、それは真のゴスペルと言えるだろう。それが私の遣わされている教会には足りなかったのだ。音楽的素養とか、譜面が解るとか音を録音して練習するみたいな聖歌隊とゴスペルクワイアとは違うのだということを、改めなければならないと思った。
 そこで、私の遣わされている教会ではゴスペルクワイアを一旦停止したが、近いうちに復活する予定だ。しかし、スタンスは全く違うものにするつもりだ。そして、それは実現間近なのだ。興味を持たれた方は三重県松阪市の新生ルーテル教会で検索して電話してみてほしい。
by qpqp1999 | 2014-05-23 20:55 | 美容