牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

<   2013年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

宮崎駿

 宮崎駿の実に個人的な趣味で描かれる零戦の設計者の物語が今夏、上映される。
スタジオジヴリは「魔女の宅急便」で最後だと業界では言われていた。びっくりするかもしれないが、「となりのトトロ」という誰でも知ってる作品が上映当初、全く売上を伸ばさなくて、顰蹙をかったのだった。そんな、中、最後の一戦ということで、出されたのが「魔女の宅急便」だ。ちょうどクロネコヤマトの宅急便と相性が黒猫ということで合ったものだから、上映に至った。
 かくして、結果は世間を凌駕する大絶賛、多売上であった。かくして、スタジオ・ジヴリは今を得ているのだった。今年、「魔女の宅急便」は実写化されるらしいが、スタジオ・ジヴリはノータッチだ。しかし、今年のスタジオ・シヴリはまさしく「魔女の宅急便」の次の作品に「紅の豚」ということで、飛行機ものだ。宮崎駿の戦闘機、たる零戦への思いが込められた一作になることは確かだろう。零戦は一方で防弾設備の乏しさを指摘されがちだが、そんなことはない、「大日本帝国海軍」は防弾設備より勝利を天秤に計ったのだった。そして、それは成功した。開戦直後から終戦直後まで、零戦は前線で活躍した。それくらい、凄かった。確かに防弾設備は乏しかったかもしれない。しかし、それを圧倒する格闘性能でP51が登場するまで、戦場の空の最大強者であった。米軍のヘルキャットなんか防弾設備十分に施されていたが、零戦の20mm機銃の前にはあっけなく撃墜されたのだった。そうだ、零戦はその火力において、世界最高だったのだ。
 しかし、私はそういった軍事賛歌を望まない。何しろ、その零戦に乗る人の立場になってみれば、非常に過酷なものであったからだ。多くの搭乗員はパラシュートをはいていた。それは生き伸びるためではなく、航続距離を誇る零戦に乗っていて、おしっこやうんちをしたくなった時のオムツ代わりにそれをしいていたのだ。零戦のパイロットといえば花形だか、実のところ大変なことだったのだ。
 そこで、今年の夏に上映される宮崎駿の零戦の映画はどのようなものになるのか。子供りの頃から、この人を追っていた私には待ちきれない思いがあるものだ。実に「紅の豚」につづく宮崎駿の個人的な「趣味」の次元で、この映画を作るのだから、目が離せないのだ。
by qpqp1999 | 2013-04-30 18:26 | 映画

戦車

 戦車に乗ってはしゃぐ日本の総理大臣・・・あべ・・・。
ヒトラーでもこんな馬鹿な真似はしなかった・・・。
 まったく、確かに、戦車に乗れたら、子どもみたいに嬉しくなって手も振りたくなるかもしれないが、これは自衛隊の地域交流会ではない!!!日本の総理大臣がネクタイ丸出しで軍装して、画像だけでは特定しにくいがおそらく74式か90式のいずれかの戦車に乗って、満面の笑顔で手を振っている。
 顰蹙というのは、こういうことだ。軍事オタクではないので、戦車まで特定できなかったが、一国の総理大臣が、戦車に乗って、笑顔で手を上げるのは無いでしょう。これだったら、アルカーイダのウサマ・ヴィンラーディンがAK47の左利き仕様を撃っている映像の方がはるかに、戦意高揚になったと思う。こんな阿呆丸出しの記事は恥さらし以外の何者でもない。なにしろ
カッコ悪いねん!!!
 きっと、この映像、画像で失望し、戦意を落とした自衛官も多いのではないかな・・・。
by qpqp1999 | 2013-04-29 17:42 | 戦争
 私は牧師家庭に育ったその3
 私が牧師家庭っていうのは貧しくて、身分が低いのだと実感したのは小学二年生くらいだった。その最もな理由は仮面ライダーのサイクロン号のミニチュアをみんなが持っているのに私だけ、持っていなくて、両親に頼んでも買ってもらえないどころか、買えないという事態を知ってしまったからだ。
 それに追い打ちをかけるように
ジャンボマシンダーとかみんな持っているのに、私だけ買ってもらえない、買えなかったのだ!!!なんでも買ってくれる祖父は東京にいて松阪から距離があって、今みたいにメールとか使えないから、私の欲求を祖父に伝えることはできなかった。もちろん祖父が来てくれれば、サイクロン号であれ、ジャンボマシンダーであれ、すぐに買ってもらえたが、私の家庭ではそれは不可能なのだということに子供心にもうちのめされたのだった。
 それ以降、私は自分の家は貧しくて、身分が低いのだと自覚して生きるようになった。なによりも痛烈だったのは自分の家庭の持ち物だと思っていた牧師館とその庭が貸与されているものであると、近所の子供に指摘された時だった。なんということか、私の家庭は家を持っていないのだ、自分の家だと思っていた所は借家でしかなかったのだ。小学生の年数を追うごとに他の友達との格差が段々と激しくなっていった。みんなは潤沢にお小遣いをもらっていたが、私は一円ももらっていなかったのだ。これは、決定的なことだった。しかも、親友でお金持ちの子が、そういう私に同情して、駄菓子屋で、私の分を支払ってくれたほどだった。それくらい当時の牧師家庭は貧しかった。多分今でもそうだろう。よっぽと新興宗教みたいな教会でないかぎり、牧師家庭というのは貧しいものだ。
 印象に残っているのは母と買い物に行った際に、洋服屋に入った時のことだった。当時の母はまだ30代、全然若い。当然、洋服だって欲しかっただろう。ところが。母は、陳列されている中から好みの洋服を選んでは、お店に備え付けられている鏡の前で、自分の体にあてがい、それを見て楽しんでいた。それだけで、あって、決して買うということは無かった。それを見た時、子供ながらにため息が出たものだ。
 牧師家庭って、金銭的に貧しいんだなと・・・。そして、子供ながらに誓ったものだ、私は将来牧師になっても、間違ってもこのような状況にはしないと・・・。せめて人並みの生活はできるようにしてやると誓ったのだったむー。
by qpqp1999 | 2013-04-28 17:46 | キリスト教
 私の父は近畿福音ルーテル教会の最初の邦人牧師だった。赴任地は松阪だった。私が産まれた頃には、両親は立派な御殿みたいな牧師館に住んでいた。また、教会と牧師館の面積の3倍はある地域は自然の森林地帯になっていて、蛇が卵を産み、野ネズミが巣を作るほどのジャングルだった。
 私の祖父は法政大学の野球部でエイスだった。その後、コロンビアの重役になった。私は祖父にとっては初孫だったので、たいそう可愛がられたものだ。私の欲しいと思うものは何でも祖父が買ってくれた。ウルトラマンの人形に苦労したことは一度も無い。私はいつでもウルトラマン関係の人形は贅沢に持っていた。当時の社会は地域社会で、近所の子供たちと年齢差が数年という次元で、関係していた。そこで。みんなの遊び場になっていたのが、私の住んでいる牧師館の庭だった。庭というより、庭園だった。ジャングルだった。子供たちは皆この教会に集まっては遊んでいたのだった。
 そこで、当時の私は、自分の家はなんとお金持ちなんだろうと、大間違いをしていたむー。

 そりゃそうだ、地域中で一番庭が広くて、みんなの遊び場になっていたし、私はウルトラマンの人形に事欠かなかったのだから、私の家はなんとお金持ちなんだろうと大間違いをしていた。
 しかし、それから数年後、私の家は、牧師家庭は貧乏なのだと実感するのに数年かからなかった。私が小学生3年生にもなると、牧師は信徒の献金でその生活が支えられており、金銭的な力関係においては牧師の方が信徒より各が下であると子供心にも認識したのだった。はっきり言って
 牧師家庭というのは貧乏で身分の低い立場にあると実感したのだった。
 しかし、今は違う。信徒たちの献金によっては、生活は成り立たない、手弁当の単立教会であるからだ。しかも、単独で宗教法人だ。しかも同じ法人でデイサービスセンターまで行っている。しかも、このデイサービスでは、他のデイサービスでは考えられないほどのサービスが提供されている。何しろ、午前中から1かい6000円はかかるマッサージが無料で受けられる。何しろ。昼食は松阪きっての割烹料理旅館である八千代の御馳走がいただけるのだ。よほどの馬鹿でないかぎり、デイサービスといったら、
 デイサービスセンター新生ルーテルを選ぶだろう。
 普通では牧師家庭というのは、無力で抑圧されているものだ。多くの、否、教団に属している牧師家庭は基本的にそういうものだ。そのあたりが聖書の発する福音とどこまで、一致するのか・・・。私は疑問に思うのだった。教会、教会と言っても所詮は人の集まるコミューンである。そうである以上どうしても力関係が生じてくる。
 頑張れ、信じろ牧師家庭・・・
by qpqp1999 | 2013-04-27 20:03 | キリスト教

ヒステリック日本

 ずっと、飲酒運転の呼気量の基準値は1ℓに対して0.25㎎だと思いこんでいたが、ちがう0.15ミリグラムだ。
禁酒法時代のアメリカか今の日本は!!!
 しかも福岡海の中道大橋飲酒運転事故以降、この犯人である今林という人が泥酔状態で追突して人を殺したのに、水をいっぱい飲んで、逃れようとしたので、日本は
飲酒運転に関して、ヒステリックなまでに過剰な状況になってしまった。
 いいですか、1リットルに対して0.15㎎ですよ!?!?この数値は、前の夜にお酒のちょっと弱い人がビールを250ml摂取したとしても翌朝の出勤時で反応する値です。ちなみにアメリカでは0.4㎎が飲酒の対象になっていますが、日本みたいに厳しく取り締まってはいません。そりゃ、そうだ。今の日本は禁酒法時代のアメリカと同じ状況にあり、この状況は今後、アメリカのようにルーズベルトみたいな人が出てきて、
「いいかげんにしろ」と言い出して、それを止めるのに30年近くかかる計算だ。
 多分私が自動車に乗っている時代はずっと続くのだろう。一頃、つまりバブル時代では、飲酒運転の取り締まりは今ほどヒステリックではなかった。みんな普通に呼気量0.15㎎を圧倒する状態で運転していて、おまわりさんに見つかっても、普通に歩ければ、問題なかった。それが、福岡海の中道大橋飲酒運転事故のおかげで、この有り様だ。ライヴハウスも、バーも、クラブも売り上げがガクンと落ちて廃業せざるを得ない状況に追い込まれている。そりゃ、そうだ、
こんなに厳しい取り締まりでは恐ろしくてお酒のめません・・・。
 はっきり言ってキリスト教の聖餐式もワインはもう出せない。あの、プロテスタントでよく用いられている、グラスのオチョコに一杯でも飲んだ日にはあっというまにアルコール反応呼気量は0.15㎎をはるかに超えるだろう。
こうなったら、意地でもタクシー使って呑んでやるむー!!!
自動車で居酒屋に行って、代行運転を頼んで、思う存分呑んでやるむー!!!馬鹿らしい罰金や実刑を考えたら、屁みたいな金額だむー!!!みんな自動車で居酒屋やライヴハウスに行って、散々酔っぱらって、代行運転を頼もうむー!!!そうすれば、飲酒運転の取り締まりなんか、全く無力だむー!!!
by qpqp1999 | 2013-04-26 23:22 | 交通安全

感染しています・・・

 先日、パソコンを新調した。もちろんウインドウズ7だ。8はタブレットPCに特化するべく作られたOSであることは強調しておこう。そこで、まだ使い出して間もないのにヴラウザをファイヤーフォックスにしたら
「あなたのパソコンは感染したファイルがあります。いますぐ解決。無料ダウンロード。」
 と言ってくる。しかも
チカチカしてて、昔のスマイルマークみたいなのが出てくる。
 ウザいことこの上ない。そういえば、漫画の全ての工程、つまりネーム(絵コンテ)から(漢字、辞書で調べなくてよくなって断然快適だ)、全てパソコンでするようになって何年か経つ。そのメインマシンは今でも健在だ。だが、またしても ファイヤーフォックス が感染したらしくて、以前にちょっと気になって覗いた楽天のオッパイの綺麗な女子の写真集をチェックしたら。それ以降、ファイヤーフォックスを立ち上げる度に、
 乳関係、ギター関係、何故かパワーストーン関係の情報が基本画面で検索欄の下で画像入りでグリグリ動くようになって重くて仕方ない・・・。
 誰か、いい解決方法をお尻ではないだろうか・・・。お尻・・・いい響きだな。うちの弟の急所だが、いや漫画家全般の急所か・・・。
by qpqp1999 | 2013-04-25 19:15 | インターネット

かれい

 加齢による美貌の衰えを強く感じるこの頃、二十代くらいの女子が、誰もかれもが、ものすごい美しいことにため息がでる。主の創造は素晴らしいと思うことしきりである。
 ルパン三世40周年の今年。モンキーパンチこと加藤 一彦さんもここまで売れるとは当時おもわなくて、こんな、ハチャメチャなペンネームにしたそうだ。そこで、猛烈なルパン信者である、私もルパンになろうと思って、アバルトに乗り出してから一月・・・、助手席に次元がいなかったので、最初の助手席は母にしようと決めていた。私は阿呆で4月の第三週が母の日だと思いこんでいて、この日曜日に母を昼食に誘ったのだった。後部座席には父が乗る五右衛門だ。せっかくイタ車で行くのだからイタ飯にしようとネットで探した松阪のイタ飯屋に行く。
 そこの店はたいそう繁盛していて、礼拝後だったので、しばらく待った。入ってみると、従業員が外見を重視して雇ったのではないかと疑いたくなるくらい、若い、イケメンと美女子ばっかりだった。みんなモデルになれるよ、なんでここでバイトしてる訳・・・と言いたくなるくらい、みんなピチピチしていて美しい。接客もキビキビしていて美しい。そうでなくったって美しいのに、女子はガッツリめいく盛っている。しかし、決してうざいことはない、ちょうどいいくらいの盛り方だ。スタイルもいいし、世の中には美しいものがあるものだなあと実感した。
 他方、私たち一家は、高齢の夫妻に五十前のオカマ・・・。どはー。性同一性障碍でなければ、バシっとルパンを決め込むんだけど、坊主頭は嫌だ。心だけはルパンでいようと思ったのだむー。ついでに言うと体は峰不二子がいいけど骨格上無理だ。「まくるぞおおおー」。
by qpqp1999 | 2013-04-24 17:42 | 美容

ルター研究所

 私は神学校の最終学年時にルター研究所の助手の役割についた。日本で随一のルター研究雑誌である「ルター新聞」の編集にも携わっていた。ルター研究所の会合は、当時の所長のheight:1.4;">徳善義和教授(未だに、私をフェイスブックの友達にしてくれない・・・同じく名誉教授の前田ケイ教授は友達申請すら送ってくれたのに・・・)
 の都合に合わせて、昼食にその会合が行われ、いつもそのメニューはうな重で私は、とっても楽しみにしていたものだむー。そこで、今日たまたまフェイスブックの友達がルターがフェイスブックで著名人になっているとの書き込みをしたので、反応したのだった。
 確かにマルティヌス・ルターは著名人であり、15世紀の大スターと言えるだろう。歴史上初めて宗教改革を達成して、後のローマカトリックのイエズス会創立にまで影響を与えた人なのだから。だが、この人はスターだった、だけに現代においては、スキャンダルも多い、最も多いのは
 「中世の魔女狩りに賛成していた」というのと「15世紀の農民戦争に反対していた」というものだ。
 非常に残念ながら、前者である「中世の魔女狩り」についてはルターは賛成していた。しかし、それは、それで、ある意味仕方ない。だって、15世紀では森には魔物が住み、映画「エクソシスト」みたいな悪魔が本当にいて、煉獄という地獄の次の段階があると本気でみんなが信じていた時代だったからだ。私の尊敬するディートリッヒ・ボンヘッファーとか軽々とルターの論説を用いるけれど、ルターの感覚というのは、こういう15世紀、中世の感覚であったということに気を使う必要があると私は考えている。
 ルターがローマカトリック教会から破門され、実質上死刑を言い渡された後、ドイツの選帝侯によって、バルトヴルグ城にかくまわれて、名を変えて、聖書の翻訳をしていた夜に悪魔にジャマされたので、頭にきて、インク壺を投げつけたというのは有名な話だ。あまりにも、めちゃくちゃな話しなので、後にこのインク壺のインクの跡は、後のルター派の教徒たちによって削りとられて、今はない。だけど削りとった跡はある・・・。
 だから、ルター、ルターと人は言うけど、この人は本気で「魔女」を信じていたし「煉獄」だって信じていたし、そういう観点から神学的論説を書いたのだということをまずもって、臨まなければ、とんでもない方向に行ってしまうと思うのだ。ボンヘッファーの引用は見事だが、これは極めて、見事にその中世の観念をスルーしているといえるだろう。
by qpqp1999 | 2013-04-23 18:25 | キリスト教
 私は牧師家庭で育った その1。
 私は幼稚園くらいまで、大人の礼拝にも連れられていた。参加していたわけではなく、幼児だったので、牧師館に独り放っておくわけにはいかなかったからだ。
 そんな、私は大人の人々が礼拝で献金するのを見て
みんなが、私のうちにお金をくれていると思っていたむー
 いや、ある意味そうなんだけど、基本的にはみんなは神様に捧げているのであって牧師にお金を与えているのではないと認識するのには小学生になるのを待たねばならなかった。
 無邪気な私は礼拝後に信徒たちと牧師や「牧師夫人」が談笑している中にわって入って、
「みんながお金くれるから、嬉しいなあ」と言って、父親と母親が真っ青になっていたのを、今でも覚えている。
 しかし、当時の近畿福音松阪ルーテル教会は自給教会であったから、私の見解は、実際その通りだった。信徒たちの献金で、牧師家庭は生活を支えられていたのだ。また、子供心にも、父親は「先生」と呼ばれていたし、どういうわけか、今でもそういう風潮がキリスト教にはあるが、母親である「牧師夫人」も「先生」と呼ばれていた。両親ともが、大人たちから「先生」と呼ばれていて、みんなが有りがたそうにお金をくれる。自分の家はなんと身分の高い家なんだろうと勘違いしていた。現実はその逆なのだが・・・。表向きは無邪気な幼児にはそう見えた。というか、表向き、教会は基本的にそんなスタンスだと、今でも思う。今でこそ、手弁当でやっている単立教会だから、そういうことに辛辣な意見をバンバン言えるけど、実際、信徒の献金によって、その謝儀が支えられている以上、私の幼児期の認識は決して間違ったものではなかったと思う。むしろ、大人たちによって、塗り替えられた、教会論みたいなのほうが、どうかしていて、多分イエスさまは、そういう幼子に賛成してくれると思うものだむー。
by qpqp1999 | 2013-04-22 17:46 | キリスト教

顔面筋トレ

 私は一頃、というか今みたいに忙しくなる前、毎朝、毎夕顔面筋肉トレーニングに15分は費やしていた。本当なら、この年頃の今こそやらなきゃいけないのだが、朝はタイムカードが待っているし、夜は早く寝ないと次の日に起きれないので、残念だが、顔面筋トレをやる余裕が無い。たかが、15分が無いのだ。
 加齢による顔のたるみは、この顔面筋トレでかなり解消されることが解っている。芸能人なんかは、みんなやってるんじゃないかな。実は、今も全くやっていないわけではなく、洗顔後の化粧水と乳液の塗布にあたり、ごく基本的な頬筋のトレーニングはやっている。
 一頃は実に高価なハウスオブローゼというブランドの基礎化粧品を使っていて、化粧水、美容液、乳液、肌の引き締め効果のあるクリームとかも使っていた。しかし、実際のところ、基礎化粧品にできることは保湿がせいぜいで、肌にそんなに一気に色々塗り込んでもあまり意味はない。肌の弱い人は、できるだけ薬物成分の少ないものを使用するしかなく、そうなると高価なものになってしまうが、私は幸い肌は強い方なので、今はコンビニとかに売っている精々1500円くらいの化粧水と乳液を使うだけだ。
 その際に、必ずしていることは顔面筋肉トレーニングとマッサージの併用だ。やり方はまずはどちらか反面の口角をできるだけ時間をかけて引き上げて止める。そして、その方の目を閉じて、目の下の筋肉を意識する。これを両面づつ3セットする。化粧水の塗布のマッサージの間これをやる。同時に美顔マッサージも行う。
 次に、口を中心にぎゅっと顔を縮めるような感じで、時間をかけて唇を突きだす。そして、その後に頬袋に空気を入れて膨らませて、指で唇の端をぐりぐりやって負荷をかける。乳液を塗布する際にこれを行っている。これも3セット、結局10分くらいかかるのだけど、前やっていたことに比べれば、ごくごく基本的な事だけだ。
 ホルモン治療も進んで、誰かに恋することもないし、性欲も無い。ある意味、実に修道敵だむー。修道僧の人たちはホルモン治療するといいかもしれない、これはちょっと過ぎた冗談だが、実際、凄い性犯罪者の抑制のためにアメリカではその対象者である男性に女性ホルモンを投与したことがあると何かできいた。実際に、効果はあったらしくて、性欲も性機能の無くなっちゃったらしい、だけど、見た目は相変わらず凄い恐ろしいオッサンのままだった。
 あれを、考えると、美容効果には女性ホルモンの治療はあまり役に立たないことが証明されたようなものだ。なので、今も、可能な範囲で顔面筋トレと美顔マッサージをとりあえず、毎日しているむー。
by qpqp1999 | 2013-04-21 18:28 | 美容