牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

カテゴリ:麻薬( 1 )

しゃぶ

 どういう訳か知らないが、私は二回ほど人から「シャプ打っているのではないか」と言われたことがふある。最初の時は暴力団関係者と自動車の問題で言い会いになって
「われ、しゃぶ打っとんか」
と言われたのだった。打ってるわけないから、だって、シャブ即ち覚せい剤を摂取することは日本国では禁じられており、所持していたり、服用していたりしたら刑務所にいかなければならなくなる。刑務所に行くというのは私にとっては死刑みたいなものだ。日本国の刑務所では生物学的に男性は頭を丸刈りにされてしまい、ホルモン治療なんか受けられなくなる。そんなこと絶対嫌だから、シャブを打つつもりもなければ、したいとも思わない。なのに言われる。
「この人シャブ打っとんのとちがうかな」
と、ゴスペルクワイアのドラムスの人に言われた。なんでも、そのドラマーの方が言うには、なんか、げっそりしていて、目がうつろで、酔拳のようにするーっと動いていたそうだ。ああ、その時はちょうど、ダイエットが過酷すぎて、頭が禿げてしまいそうになった時だから、そりゃそうだ。もう、死にたいとすら思ったもんね。当時、身長が167.5㎝で体重が52キロだったから、さぞかしげっそりしていただろうし、髪の毛の脱毛現象に打ちのめされていたから、そう見えたかもしれない。
 ところがどっこい、私はシャブをやったことがあるむー!!!
なんて言うんですか、もう、それは爽やかな気分になるし、爽快なものだったむー。これは病みつきになるむーとというのは夢の中の話しだむー。そうだ、わたしは寝てて、夢みていて、夢の中で、シャブを打ったのだった。それは素晴らしいものだった。だけど
現実では絶対に駄目だむー
人生そのものが壊れてしまうし、体にもよくないし、刑務所に入れられてしまう。ぜったい、世の中のみんなはシャブとか大麻には手を出してはならないむー
[PR]
by qpqp1999 | 2013-01-27 18:34 | 麻薬