牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

カテゴリ:プログレ( 1 )

プログレ

 私が高校生の頃、ちょうど第一次プログレブームであった。私はマイク・オールド・フィールドから入ったのだが、これは、当時の高校生の親友の影響が物凄く大であった。彼は一年生の段階で絵を描かせたら、学校一上手かった。
 ここで、一つ話しておかなければならない。私は小学生の頃から既に漫画家であった。大抵は授業中に内職してノートに描いたものが、クラスに授業中に回覧され、また私のもとにもどってきて連載を更新するという形態をとっていた。この漫画道は中学、高校に至っても続き、私の漫画はついにクラスを隔てても回覧されるようになり、早く次のを描いてくれと皆にせがまれたものだ。ちなみにこの漫画道は神学大学の聖書神学の時間にでも行われていた・・・。その、意味で言うと、私は物心ついた時以来、ずっと漫画を描き続けてきていることになる。今はついに仕事になって、お金までもらっているが、描くという事自体が私には至福の時であり、それが読まれるということが至福なのであった。
 そこで、話しをもどすが、その学校一絵の上手い親友は、私の漫画をとても評価してくれて、なんと私の漫画に彩色してくれたのだった。そうだ、私の漫画は一流のアーティストの腕前によって、カラー化されたのだ。その出来栄えは素晴らしいものだった。勿論、いっそう芸術味を帯びた私の漫画は高校生の段階で、もはやクラスを超えて、読まれるようになっていた。
 そこで、話しをもどすが、この親友から500ギガ分のプログレからクラシックまで入った音源集、(もちろん購入したものであり不正にコピーしたものではない。)を今年のはじめくらいに、贈ってもらったのだった。それ以降、漫画の執筆において、BGMに困ることは全く無くなってしまった。やはり、お気に入りはマイク・オールド・フィールドだったりニュートロールスだったりジェスロタルだったりするが、中でもオザンナというバンドはヘヴィローテーションされていた。このオザンナというバンドの特色はその音楽技術、演奏力の高さ、クラシックからヘヴィロックまでを融合したところにあるのだが、この音源集に唯一入っていないのがあった。それは、このオザンナのダニロ・ルスティチがちょうどジャストミートで私の青春時代を彩ってくれたプログレの別バンドというかミッションで、「ルーナ」というバンド、アルバムタイトルがあった。これだけ、この500ギガ分の音源集の中になかったのだった。その事を残念そうに、言っていたら
今日、親友からそのCDが贈られてきたむー!!!
超感動しながら、気分はもう高校生に戻ってしまった。なんていうか、音楽の素晴らしさはここにある。その人の存在理由から、あらゆるテンションにまで、この音楽はしみ込んで行って、私の人格そのものをも形成するに至るのだ。やはり、私は今でもプログレが好きだ。
 いいぞ、プログレは・・・
[PR]
by qpqp1999 | 2012-11-19 19:48 | プログレ