牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

カテゴリ:動物( 3 )

虐殺

 現在、地球上で虐殺が許可されている生命体がいる。それは
 蚊、蠅、ゴキブリだ!!!
 この方たちは虐殺に次ぐ虐殺を乗り越えて、まだ生き伸びては私たちの生活にストレスを加えてくれるんだむー。さすがに家鼠は最近見なくなったけど、秋の蚊ほど執念深い者はいない。
 昼間はどこか壁に潜んでいて、日が落ちると布団にくるまって寝ている私の耳元でその羽音をたてるのだ。しかも若干接触すらしてくる。
 私は睡眠障碍で薬呑んで寝ているから、よけいに意識は朦朧としているのだが、この蚊の攻撃に対しては、対抗しないことには明日の朝、朝日が昇るまで私を苦しめるだろう。
 耳元に接近した頃を見計らって布団ごと潰そうとするのだが、中々すばやくよけていく・・・。蚊との攻防は大変だ。さすがに、蠅は虐殺が続いたので最近見なくなったが、蚊とゴキブリだけは生命力、繁殖力よく生き伸び、進化し続けている。
 一説ではゴキブリというのは恐竜のいた時代よりも前からいたそうだ・・・。
 あっぱれだむー!!!
[PR]
by qpqp1999 | 2016-11-02 18:07 | 動物

 私は晩酌の肴に 子持ちシシャモを 食している。その一方で、水槽に小魚を飼育して、これらが死んだら哀しいなあと思ってもいる。
 なんたる矛盾だろうか!!!同じ魚、しかも卵を抱えたお母さんの魚ばっかりをジュウジュウ焼いて、むしゃむしゃ喰いながら、水槽を眺めて、はるかに小さい魚が死ぬことを恐れているのだ・・・
 でも、よく考えてみたら、牛や豚だって、普通に人間と同じ哺乳類だよな・・・。霊長類ぢゃないかも、しれないけど、平気でよく食べているものだ。マクドナルドのハンバーガーの背景には何十マン、何百万、否、それをはるかに超える牛たちが殺されていて、それを家族連れで楽しく食べているわけだから、人間って困ったものだと思うのだった。
 だって、魚より牛の方が人間に近いよね、魚類と哺乳類というカテゴリーでは断然に牛の方が人間に近い。道理で、江戸時代の末期まで牛が喰われなかったわけだ。中国の 熊の手 の料理とか 豚の尾頭付きで口にリンゴ加えているのとか 出されたら、大概の日本人は弾きますよね。しかし、そういう事を私たちはラーメン屋さんでチャーシューを食べている時にしているわけです。あるいは朝のハムエッグトーストとか食べている時にやっているわけですよ。
 きっと水槽のベタが死んでしまったら、哀しいし、その死体は大切に葬るだろうに、どういうわけか、それがシシャモになると同じように目の玉カっぴらいて死んでいても平気で食べている。むしろ、美味しそうに見える。一体この差異は何が基準になっているだむー!?!?!?!?
[PR]
by qpqp1999 | 2013-05-09 19:08 | 動物

 基本、戦場で用いられる軍馬はサラブレッドではなくポニーである。
ポニーとはサラブレッドとはちがって背が低く、体も小さい、そのかわり、戦闘状態にちょうど適応するような大きさになっている。日本の戦国時代に活躍した軍馬たちも、いわゆるポニーであった。
 で、今日、昼ごはんを買おうといつものスーパーマーケットに行ったら
ポニーがいたむー!!!
話には聞いていたが、こんなに小さいんだと改めで感動した。
ちょうど乗馬のキャンペーンだったのだが、係の人は快くツーショットを撮ってくれたむー
これです
b0130652_19113850.jpg

ポニーかわゆすー!!こんなカワユスな馬で戦闘を行っていたのかと思うと、複雑な気持ちになるむー
[PR]
by qpqp1999 | 2012-09-17 19:12 | 動物