牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

カテゴリ:ブログ( 1 )

順位

 運動会の秋だむー!!!私の母方の祖父は六大学野球のイチローみたいな人で、戦後も社会人野球の監督していた。また、私の母はずっとバレーボールやっていた。しかし、どういう訳か、その孫、子供たちは三きょうだい揃って運動オンチだ。弟は、高校生の時に追いはぎに遭って、それ以来、極真空手とか柔術とか学び、毎日100キロのベンチプレスやって、今では誰も、よっぽと勇気があるか、アホかどっちかの人しか手を出さない、けんしろうみたいなオーラを出している。しかし、そんな弟でも、水には弱くて、カナヅチだ。全く、泳げない・・・。
 という訳で、祖父の運動性能はその孫には遺伝しなかったのだった。だいたい、運動会そのものに、いい思い出ないもの。私が小学生の当時、運動会といえば、日曜にやっていて、広い運動場の半分くらいを観客が埋め尽くし、昼以降は宴会になっていた。
 みんな親の持ってくるお弁当が楽しみで、お昼休みになると、それぞれ、各自の親のところに行ったものだ。
 が
私の家はキリスト教の教会だったので、厳格な父親が礼拝出席を勿論、「牧師夫人」にも課していたので、私が小学一年生の時の初めての小学生の運動会で、みーんな、それぞれの家庭のところに行って、楽しそうにお弁当食べているのに、
 私だけ、孤独になってしまったむー!!!大体、先生もそんな状態になって途方に暮れている一年生の子供を放っておいて、自分のお弁当をいそいそと食べていたのだから呆れてしまう。
 どうしようもないから、私の小学校の校門は三つあって、私の家(牧師館)の方学の殿町門のところで、私は泣いていた。そしたら、二十分くらいたったところで、殿町方面から母親が、急いで走ってきた。記憶にあるのは、そこまでで、その後、無事にお弁当食べられたかどうかは怪しい。だって、記憶に残っている、走ってくる母親は、確か、お弁当持ってなかったもん!!!
 その翌年からは、私は運動会になると、ご近所の人の所でご厄介になることになった。それは、その後6年も続いた。尤も、そのご近所のおにぎりは最高に美味しかった!!!
 それにしてもさあ、「礼拝出席厳守!!!」
みたいなファリサイ派の人みたいなこと言うの止めようよ。いいぢゃん、運動会くらい礼拝行かなくったって・・・。もう私なんか、その反対で
「そうまでして、礼拝に来なくてもいいですから」そもそも、安息日は土曜だし、イエスさまはきっと、その日には教会に行くんじゃなくて、困ってる子供のために運動会に行くに決まっているだろう!!!
と、この秋の気配を感じる今日思ったのだった。
[PR]
by qpqp1999 | 2013-09-17 17:55 | ブログ