牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

カテゴリ:熱帯魚( 4 )

クラウンテール

 今、私が飼っているベタはカッコいいんだむー。これです
b0130652_1704419.jpg

ボディは濃いブルー、クラウンテールになっている部分は赤なんだむー。
 水槽、設置してあるのがエレピの上で、そんな馬鹿なことをするから、このKORGのエレピはキーが一つ効かなくなったむー。馬鹿なのは、それに留まらず・・・。 
 今日、帰って来て見たらベタが死にかけていたむー!!!
 原因は、このベタはなかなか、餌を食べてくれない。特に粒になっているのには興味無いので、カツオブシみたいなタイプのをあげていたんだけど、これだと餌全部食べてくれないので、縦横20センチの水槽ではあっというまにゴミになってしまう。それで、前のベタみたいに粒の餌をもっていくと、寄って来て食べてくれるようにしようと水量をさげたのでした。ちょうどエアコンの真下にあるので、水はすぐに蒸発して、みるみる水は減って行く。
 そしたら、サーモスタット(ヒーター)の当たる部分が少なくなって、この寒さなので、ベタは死にかけてしまったのだむー。うわーん!!!死なないでくれー!!!気にいってるんだむー!!!
 そこで、動揺した私は、カルキ抜きして一日おいてある水たし用の鍋をガスレンジで温めて、
お湯を一気に水槽マンパンに入れてしまったんだむー!!!
 Ph値はばっちりだが、水がお湯だむー。みるみる意識を失っていてくベタ・・・。とかいってたら、ホルモン治療の病院の時間が来てしまったので、死なないように神様にお祈りしてから、行ってきたむー。きっと帰ってきたらベタは倒れて死んでしまっているだろう・・・。なんか辛酸な思いで、病院2時間かけて帰ってきたら。
 ベタは元気よくおいで、ヒレを全開にしまくっているぢゃないかむー!!!
 水に指をつけたらやっぱりお湯のままだったんだけど、このベタはお湯がいいらしい。後でネットで調べたら、水温は28度くらいがいいそうだ。ああ、そういえば、この寒さで、お湯だと勘違いしていたが、ベタにはちょうどいい温度になったんだむー。
 だけど餌困ったな、これでは毎日のように水と濾過機のクリーニングしなくちゃならないむー。前のベタみたいに粒の餌を直接食べるようになってくれると、水も綺麗に保てるしいいんだけど、なんか方法ないものだろうか。
by qpqp1999 | 2014-02-18 17:24 | 熱帯魚

エイリアン

 私のピアノの上には20センチくらいの正方形の水槽があって、ベタが一匹、ネオンテトラが十匹、ブラティが一匹、海老が一匹住んでいる。それは去年の夏も終わろうとしているころだっただろうか、水槽の中に透明のネバネバした透明のものがあちこちにへばり付いていいた。
 実はこれ、二回目で一回目は気持悪いので全部掃除したのだが、これが中々、柔らかいくせに水槽にしっかりひっついていて除去するのに難儀した。そこで、今回はもう面倒くさくなたので放っておいた。そして、年が明けた。妹夫妻と姪っ子と甥っ子が来てくれたのだが、甥っ子が
 「ちっちゃい、おさかながいるよ」と言う
 そりゃベタだしネオンテトラだから小さいよと思ったが、甥っ子は賢い子だ、そんな当たり前の事は言わない。そこで何なんだろうと思ってみたら
 ネオンテトラの赤ちゃんが二十匹くらい泳いでいるむー!!!!
b0130652_17362459.jpg

 ベタの子であるはずはない、だってベタ一匹だし、ブラティだって一匹で、海老も一匹だ、そうか、あの透明なねばねばして水槽に吸着してしたのはネオンテトラの卵を保護るする粘膜みたいのだったのだ。それが、年をあけてから、はっきり解る。小さい二ミリくらいなのに、俊敏に泳いでいる。一体このうちの何匹が大人のネオンテトラになるんだろう。
 縦横20センチの狭い水槽で、こんなドラマが展開されていようとは、
新年そうそう、生物の奇跡にたまげたものだむー!!!なんか、あるといいな今年は・・・
by qpqp1999 | 2014-01-03 17:36 | 熱帯魚

ねっし

 そういえば、むかしはネッシーとかよく話題になっていたけど、最近話題に上らない、ネッシーはネス湖から全滅してしまったせいだろうか。ちなみに、私のピアノの上の小さなアクアリウムのネオンテトラは6匹全部が、ある日、一気に全滅してしまったむー。別に同居しているベタに苛められた訳でもなく、水質のPhが悪かった訳ではない。
 熱死したのだ、熱帯魚のくせに!!!冬にはヒーターいれてやらないと凍死するくせに!!
夏にはエアコンかけるか水槽用の扇風機つけるかしないと生命力の弱い順に熱死してしまうのだと熱帯魚屋さんできいた。そのわりには海老はなぜか生きながらえているな。20センチ四方の小さな湖で私のベタは二匹とも健在だ。だけど、ネオンテトラはまた新しく買ってこないと、なんか水槽が寂しい。
 こんど原稿料が入ったら、扇風機買おう、しかし、そんなこと言っていたらもう九月になってしまう。秋はもう目の前だ。子供の頃は春も夏も秋も冬も一年がものすごく長かったんだけど、歳とるごとに、一年の経過速度がスーパーチジャーかけたみたいに駆け抜けていってしまうむー。
 小学6年間が今の感覚では20年ぐらいの長さに感じていたものだが、歳だな、むー。
by qpqp1999 | 2013-08-20 18:53 | 熱帯魚

べた

 私は幼少の頃漫画を描くのに、コマワリをするのが苦手だった。そしてベタ塗りをするのが苦手だった。正直言いうといまでもそうだ。よくもまあ。講談社のモーニングで描いていた頃は、よくぞコマワリをやってのけ、べた塗りをやっていたものだと思う。
 しかし、CG技術の特化した昨今、コマワリは漫画用ののソフトウェアでできるし、ぺた塗りは自働選択ツールで簡単にできるようになった。そんなさ中、「聖母マリア伝」を描くべくリサーチをしていると、色々なことに戸惑ってしまう。たとえば、みんながけっこう、普通に言っている「石撃ちの刑」はそれは想像をはるかにこえる、悲惨なものだった。尤も、私が観たのはタリバンのやっている石撃ちなので、ユダヤ教の石撃ちとは違うんだろうなと思うけど、そのあたりを明確にしてくれる資料がないので、どうしようもない。とりあえず、被疑者は、下半身を穴に埋められ、でっかい石を投げつけられて死ぬということなのだろうが、使徒言行録によればステファノは別段下半身を埋められていないところをみると、ユダヤ教での石撃ちは、基本そのまんまだっただろうと想像される。
 そこで、私が漫画に持ち込みたいのが 「パンテラ伝説」 というものだ。簡単に言うと、ローマ兵による強姦によってマリアは子供をはらんでしまったというものだが、この パンテラ ・・・・。ヘビメタのバンドが同名で、こっちの方が有名になってしまって、私が知りたいと思っている 「パンテラ」 に関しては、ネット上ではほとんど流通していない。そこまで。マイナーなのか・・・。と逆にがっかりする。とにかく、一話は石撃ちとパンテラ伝説の附箋になるので、大事なところだ、リサーチを徹底したいと思う。
by qpqp1999 | 2013-05-17 19:15 | 熱帯魚