牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

カテゴリ:零戦( 3 )

ご法度

 昨年は零戦ブームだった。何しろ、小林よしのりから「左翼」と言われている宮崎駿さんが零戦のアニメ作るというし、それが最後の長編アニメだったもんだから、みんな急い映画館に行ったものだ。私なんか三回も観に行った。一回目はラストシーンで号泣、二回目は自動車ちゃんとサイドブレーキしたっけ、とゆーかそもそも鍵しめてきたっけというのが不安で集中して観れなかった、三回目は自慰行為に近い作品だな・・・というくらい、宮崎駿オタクであり、実際物凄い影響うけてきたし、どれだけ宮崎作品のためにお金費やしたことか、という私でも違和感を感じた。
 そこで、比べたら絶対いけないんだけど、昨年12月に公開された「永遠の0」名前言ってもわからないでしょうから、「すぺーすばとるしっぷやまと」←最後のスティーブンタイラーの曲とキムタクだけ良かっただけの映画監督のとった映画、観に行きましたが、やっぱり予想通りで、小説で百田さんが書いているいいところ←軍令部と政治家のマヌケさ と 悪いところ←神風特攻隊を美化している を比べてみると
 両作に通じて欠けているものがある。
それは犠牲者について語っていないという事です
 たとえば宮崎駿の「風たちぬ」であれば、零戦の開発のために犠牲になったテストパイロットについての描写がほとんどなく、かすかに布石みたのがあるばかりで、どうせ、作り話するなら、もっと大大的に戦争反対のスタンスを色濃く出してもらいたかった。
 「永遠の0」は完全なる神風特攻隊賛美作品なので、もうその時点でアウトなので、これを宮崎作品と比べるのはかなり失礼かもしれないが、欠けているという点では同じで、神風特攻隊で亡くなった方は英霊ではなく、戦争の犠牲者なのです。その点を百田は全く意図的に、むしろ、そういう「太平洋戦争」という軍閥のもたらした、庶民に対する非道な事を美化しているということで赦せません。
 そりゃ零戦はカッコいいですよ!?!?だけど、そもそも戦争自体が飲酒運転と同じくらいやったら駄目な事はきもにめいじたいと思うのだ。上記で記したように両作とも、当事者を英雄化して、肝心な犠牲者について全く語っていないのだ。その意味で零戦LOVEな私としては納得のいかない二作品でした。
 そんな今、私は母親によって撃墜された海洋堂とタカラトミーの共作の〇戦のミニフィギュアをアマゾンとか楽天とかで買い戻してながめているんだむー。戦争は飲酒運転と同じくらい犯罪ですよ。だけど、飛行機としては、やっぱりカッコいいものはカッコいいんだむー。
b0130652_1724775.jpg

 左から真珠湾攻撃の空母赤城から飛び立った西開地重徳一飛層機、続いて、ラバウルの坂井三郎機、つづいて空母飛龍から飛び立った長坂谷茂機、一番左のは二人乗りの零戦です。戦争とか人殺しは断固反対なんだけど、零戦とかはどう見てもカッコいいんだむー・・・はっきり言っておきますが、このシリーズで出されている特攻機は箱をあけるにも心が痛みます。なので出せませんし、展示もできない。
 というわけで、両作品に欠けているものは犠牲者となったパイロットたちの描写だむー。いいですか?兵隊の召集令状である赤紙は三井、三菱の軍産複合体の家の子供には来なかったんです!!!やつらは、人に殺し合いさせておいて、自分の子供だけは戦地に送らないように仕組んでいたのでした。卑怯極まりない、そんなに靖国がいいなら三井、三菱の重役どもは靖国神社に行って土下座した上で靖国神社を廃止して、ちゃんとした戦没者たちを本当の犠牲者として記念する場所を作れっつーんだ。←一応あるが、ほとんど無視されている
by qpqp1999 | 2014-01-24 17:35 | 零戦
 「風立ちぬ」観客動員数1000万人超えたらしい・・・。凄い・・・。宮崎駿の最後の長編だから劇場で観ようという人も多いそうだ、それにしてもロングランだむー。7月20から公開でしょ!?それが、もう10月になろうとしているのに、まだやっている。これは、これで凄いですね。宮崎駿さん、有終の美を飾ってくれたわけです。ところで
 今年の12月に映画化され公開される、ベストセラーの「永遠の0」百田尚樹作原作だが、宮崎駿さんは、糞味噌にこき下ろしている。たまたま、零戦というテーマが一緒だったから、宮崎駿さんにしてみれば、
 「永遠の0」みたいな零戦賛歌の右翼的作品と一緒にするなと言いたいのでしょう。

 だけど、ここ、複雑ですねえ・・・。「永遠の0」は戦記ものとしては、いい作品だろうと個人的には思います。宮崎駿さんの言うのはちょっと違うと思うんです。「永遠の0」では、零戦賛歌というよりは、零戦がいかにパイロットたちに苦渋をなめさせる酷い戦闘機であったということを、かなり綿密に描写しています。その意味では「風立ちぬ」の最後のシーンの零戦とかは、観る人の価値観によっては、まさに宮崎駿さんが糾弾している「零戦賛歌」そのものに見えますし。むしろ「永遠の0」の方が、たとえば航続距離の長さがどれだけ兵隊を苦しめたかとか、最後は特攻機にされたとか、そこまで描いてますから、そこまで実直に「零戦賛歌」にはなっていない(少なくとも原作の小説では)のですが、むしろ「風たちぬ」の方が観る人に感想まかせているだけ、「零戦賛歌」になってしまっていると思います。最後のシーンで右翼の多くの人たちは涙して敬礼すらしたでしょう・・・。
 そこら辺が、宮崎駿さんの、今回の作品の欠点ですらあると思いますね。何しろ「永遠の0」の作者の百田尚樹さんが「風立ちぬ」観て最後の零戦のシーン観て、感動して号泣したそうですから・・・。
 いずれにせよ、「永遠の0」はベストセラーではあるけど映画として成功するかどうかは微妙ですね、予告編観たけど、やっぱり操縦席の飛行兵の描写とかベタだし、なまっちょろいという感じでした。あんな、では、原作だって、ラストの方とか、そんなの無しでしょうという展開あるから非常に怪しいものだと思います。
 だから、そんなに心配しなくて、いいって宮崎駿監督・・・。
by qpqp1999 | 2013-09-26 17:59 | 零戦

ジブリ

 ジブリの宮崎駿が零戦をテーマに映画を作る。もともと、モデルグラフィックス誌に描かれていたものの映画化で、「紅の豚」以来の大人向けジブリ映画ということになる。
 しかし、まて、描かれているのは「太平洋戦争」でアメリカやイギリスをとことんまで震え上がらせた零戦の話しだ。だが、待て、零戦というのは設計した堀越二郎さんはそれでよかったかもしれないが、それにのって2200キロという航続距離をもち、20mm機銃と7.7ミリ機銃という重火器装備の、恐ろしい戦闘機だ。 
 だが、まて、それに乗っている人の身になってみろ、そんな長時間、殺し合いをするために飛んでいた人の身になってみろ。「紅の豚」の時は戦争ごっこですんだが、今回のテーマはそれでは終わらない。
 最終的には「神風特別攻撃隊」として、十死零生を強いらた若者たちのことを考えてみろ。
 今回は、「魔女の宅急便」とおなじく、ユーミンの曲「ひこうき雲」がテーマソングになるが、これは零戦のことを想定はしていなかっただろう。間違いなく、名作になるだろうが、そして、私は確実に劇場に足を運ぶだろうが、零戦という非人道的な戦闘機を宮崎がどれだけ、人道的に描くのかを、今回は冷たい目で観るものである。
 事実、私は零戦に対しては非常な愛着を超えた、何かを持っているので、中途半端なロマンスにされては納得がいかないのだ。今年の夏、開演だ。私は漫画家として、牧師として、日本人として、この零戦の映画を真剣に観ようと思う、そしして反戦の志を新たに燃やそうと思うのだ。

by qpqp1999 | 2013-04-02 18:47 | 零戦