牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

カテゴリ:物語( 1 )

最強

 我が教会の運営するデイサービスのマッサージ師さんを自動車で送る時、いつも話しがはずむ。今日は映画の話しになって「汚れ無き悪戯」の話しになったら、そのストーリーを説明しながら、マッサージ師の先生が
 泣きだしてしまったむー!!!
 そうなると、悲しい物語の話しになっていって、
とうとう「フランダースの犬」の話しに至ってしまったむー!!!
 なんていうか、そこまで可哀そうにしなくてもいいだろう!!!というくらい、やってくれる。フランダースの犬で、泣けてしまうのは、主人公のネロが死んだ後になってから、「実は風車小屋の火災の犯人ではなかった、申し訳なかった」と言う奴が出てきたり、死んだ後になってから、どっかの画家がコンテストに落選したネロの絵に惚れて、「実は私がひきとって指導したいと思っていた」とか言い出したり、彼女的存在のアロアが「実は誕生日プレゼントで最も嬉しかったのはネロからもらった花だった」と言い出したり、意地悪な牛乳屋が「そうだと知っていれば、もっと牛乳の配達を頼んだのに」とか後になってから言いだすところだむー。
 という話しを先生としていたら、
二人ともドライヴしながら号泣してしまったむー!!!
泣かせる話し№1はやっぱりフランダースの犬と蛍の墓だむー!!!
by qpqp1999 | 2013-03-15 23:39 | 物語