牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

カテゴリ:フィアット500( 4 )

プント

 私のアバルトがあっという間に一年たって、一年点検を迎えたので先日、名古屋のディーラーに行ってきた。ほんのちょっとカスッタだけだと思っていたが、メカニックの人が言うには
 「これは板金だけでは無理ですね。バンパーを全部換えないと」と言う。せっかくのアバルトだ、そうするしかない。ついでにメカニックの人が「ワイパーはどうしますか」と訊いて来る。わいぱー!?!?!という感じだったが、メカニックの人が「2000円程度ですし・・・」とワクワクした顔して言って来る。まあ、車検までもう、ここのディーラーとはあまり関係なさげだったので、それも承諾した。一層の事だ、ブレーキパッドもイタリアンレッドに塗装してくれてとオーダーしておいた。仕上がる頃にはさぞかしカッコいい自動車になっているだろう。
 そこで、気になっていた代車・・・
来ました、さすがはフィアットのディーラーです。腐ってもフィアット!!!黒のフィアットのプントが来たむー!!!
b0130652_18272711.jpg

 逆に言うならプントなんて今時、入手するの中古だけですよ。しかも、ノンクラッチシフトシステムで、クラッチが無いのに、シフトチェンジできるんだむー。面白いけど、やっぱりクラッチ踏みこみながらアクセル吹かす方がいいなと思った。
 それでもハイオクなのな・・・。高速に乗って名古屋から一路松阪まで行こうとしたら、ガソリンEレベルになってるやんけー!!!しかも、もう高速乗ってるちゅーねん!!!一刻も早い、サービスエリアを目指して走ったが、このプントなかなかよく走ります。〇〇〇キロ出しても、しっかり着地して走る。さすがはフィアット。それにしても、代車は嫌だなあ、早くマイ・アバルトに乗りたいんだむー。
 ていうか、今日は祝日でもないのに、アバルトのディーラーに電話繋がらへんちゅーの!!!もうバンパー取り換えでもいいから、早くしてくれむー。もう水曜日じゃないかむー!!!そういうところが、イタリア系なんだと、自分で納得させているんだむー。←しかしディーラーやメカニックや板金の人は日本人だむー・・・
by qpqp1999 | 2014-02-12 18:33 | フィアット500
 今日は漫画の〆切もおさめ、礼拝も務めて、午後からフィアットのディーラー店にフィアットのアバルトを買うべく
張り切って行ってきたむー!!!
ディーラーの看板には誇らしげにフィアットと書いてある。自動車のディーラーを訪れるのは以前、私の自動車や、母親の自動車を買うべく色々と訪れたが、どこのディーラーでもスーツをバシッときめた職員が売る気、満満で
コーヒーとか出してくれたものだった。ところが、このフィアットのディーラーに行くと、一応、自働扉だったが、中は
ボロボロで展示してあるアルファロメオは修繕中で、工具が散らばっている。カウンターを見るとお客の椅子はボロボロで、破れていて、カビが生えそうになっている。そして、中から出てきたのは70歳中半くらいのお爺さんで、ちょうど昼食のパンを、まさにそれだけ、新品のトースターで焼いていた。
 私が、「アバルトを買いたいんですけどね」と言うと、そのお爺さんは売る気全くなくて、「アバルトはねえ、日本でも四店舗しかないんですよ」とテンションめっちゃひくい・・・。
 ぢゃあ、ただのフィアット500でいいからというと、日に焼けて、色がかすんでるパンフレット持ちだしてきて、「これしかないんで、コピーしますね」といって、パンフレットすら手に入らない。仕方ないので、コピーをもらって帰ってきた。午後3時になって中古車販売でポリバーと言われるくらいの中古車会社ガリバーの人がくるけれど、私の望む価格帯ではアバルトは無い。あるけど、オークション中で買えない。二時間も居座ったあげく、かえっていった。
 もう、こうなったらしょうがない、フィアット本社に見積もりを依頼するむー!!!
by qpqp1999 | 2013-03-17 19:52 | フィアット500

ない・・・

 地道に牧師をやってきて、地道に漫画家もやってきて、これでも、人として、できるだけ、まっとうに生きてきて、ちょっとは貯金がたまったので。
念願のフィアット500かアバルトを買うことに決めたむー!!!
ディーラーに言って恥かくのは嫌なので本社に電話して情報を得る。そしたら想像もつかない
大変なことが起こったむー
 私はできたらフィアット500より、ターボちゃーじゃーがついてるアバルトの方がよかったのだが、なんていうか、子どもの頃に観ていた「ルパン三世」のフィアットは屋根がカンバストップになっていて、そこから、出たり入ったり、次元がマグナム撃ったり、ルパンがクラリスを助けたりしているので、このカンバストップとまでは、いかなくてもサンルーフが装備されているのを希望していた。
 そしたら、確かにカンバストップのフィアット500はあった、尤も正確に言うならフィアット500Cだ。また、アバルトでもカンバストップはあった。もっと掘り下げて言うなら、サンルーフのフィアット500もあった。だが、これらに共通している、私の赦せないものがあった。それは
 どれも、これもミッション車ではないむー!!!
 ふざけるんぢゃねい。オートマチックのフィアットなんてフィアットではないだろう。ことも、あろうに、レーシングカーであるはずのアバルトまでオートマチックしかないむー!!!それでは、運転した気にならないむー!!!しかも、よけいに腹が立つのは、これらのオートマが生焼けだということだ。
 というのは、確かに、完全なるオートマチックではなく、ミッション気分も味わえる程度にはしてある。フィアット500Cだったらシフトレバーでシフト展開できる、アバルトになるとボタン操作でそれが出来るようになっている。
 お客なめとんか!!!われぇ!!!な気分だむー!!!
 ミッション車っていうのは、シフトればーを二速にドカンと突っ込んで、クラッチを上げて、加速させる、その快感が大事なんじゃないか!!!それが無いとは何事だ、ということで、今この世界中で私を満足させてくれるフィアット500はティンクチェントしかなくなるのだが、それは確かにミッションで屋根はカンバストップでまさにルパン三世が乗っているそのもなのだが、エアコンついてないし、骨とう品なのでエンジンまわりのパーツも出回っていない。すごいお金持ちのコレクションとしてしか存在できないような代物だ。
 ついに、私の大好きなフィアット500はこの世に存在しなくなってしまったむー。フィアットのために言っておくと、カンバストップとかサンルーフにこだわらなければ、あるんです。ミッション車が。だけど、私にとってはカンバストップではないフィアットなんかフィアットではないむー!!!私と同じ意見の人は多いらしくて、フィアットの電話のオペレーターの人が同じことをおっしゃるお客さん多いんです。だそうな、だったら、とっとと、
フィアット500のミッション車でサンルーフか、500Cかアバルトのカンバストップをリリースしろむー!!!
 これでは当分の間は私は今のLIFEのミッション車(希少品だ)に乗るしかないなむー
by qpqp1999 | 2013-03-10 19:17 | フィアット500

じゃぱねっとたかた

 何だって、ジャパネットたかたではフィアット500を売ってないんだむー!?!?!?
 夢のジャパネットたかたでは「電話一本夢を叶えます」とか偉そうに歌っている、くせに、売っているものと、いったらタブレットPCのオリジナル版とか、どうでもいいような炊飯器とか、挙句の果てには羽根布団までを、「これをセットにして、驚きの一万九千九百円 送料別」とかふざけたことをぬかしているむー。
 そんな、ものはジャパネットたかたに頼らなくてもアマゾンのプライム会員で十分足りているむー。アマゾンで安く売ってないのは、フィアット500という自動車だむー!!!できればアバルトがいいが、この車種にはサンルーフがついてこない。サンルーフのないフィアット500なんて、カフェインの入ってないコーヒーみたいなものだむー!!!。ルパン三世みたいに屋根にのぼって煙草を吸うのがカッコイイにきまっているぢゃないかむー!!!
 ジャパネットたかたに告ぐ。頼むからフィアット500を、「なんと、サンルーフ付きで、しかも、今回は、特別に純正アルミホイールまでつけて・・・驚きの99万9千円、先着500名様まで」とか言ってくれむー!!!
 そんな、ことも言えないような三流パソコンしか売ってくれないジャパネットたかたなんか ふぁっくゆー だむー!!
by qpqp1999 | 2013-03-05 19:29 | フィアット500