牧師・漫画家・ミュージシャンの松本太郎のブログ


by qpqp1999

カテゴリ:神学( 1 )

神学むー

 私は日本ルーテル神学大学、現 日本ルーテル学院大学を奨学金とアルバイトで卒業した。その後の日本ルーテル神学校は教会からのサポートも十分で、楽に卒業することができた。楽にというと、ちょっと、おこがましいが、金銭的に必死こいてた大学時代を考えると潤沢な学生生活を送ることができたものだむー。
 神学校最終学年に達した時、私はルーテル学院大付属のルター研究所助手になった。所長の徳善義和せんせいは、「この ルター研究所助手というのはね、履歴書に描くべきものなんだよ」と言っておられたので、その通り、今もほとんど書くことはないが履歴には
「ルター研究所助手」
というのを大々的に書くことにしている。
 私の漫画の才能をこの社会で最初に見出してくれた権威者はこの徳善義和せんせいだったであろう。ルター研究所の「ルター新聞」に私の漫画を早速起用し、卒業論文も
「太郎くんなら、このテーマがふさわしいのではないかね」ということで、
宗教改革におけるマスメディアの構造を首代に卒業論文を書いたむー
 実際、この卒業論文は我ながらよく書いたものだった。資料も徳善ルートでなければ、絶対手に入らないような貴重な版画がたくさんあった。問題なのは、それらが、どれも、これもドイツ語だった事だ。それは、それは、苦労したむー。そして、卒業論文の監督教員のトップは現在の日本ルーテル神学校校長の江藤先生だった。この先生は非常にフェアーな先生で、いつもなら、神学どころかロックバンドばかりやっていた私に対して冷たい態度すらとっていたのに、この論文の検定になるや、微笑んですらくれて、高い評価をしてくれたことを強く思い出す。
 そういう訳で、私が今、インターネットや漫画とか、テレビや雑誌というマスメディアを通じての、キリスト教の布教について熱心であるのは、確かに、神学校で培われたものであることを感謝に思うのだった。だけど、何回お願いしても
徳善義和せんせいは私をフェイスブックの友達にしてくれないむー!!!
うわーん!!!!

by qpqp1999 | 2013-01-30 19:05 | 神学